人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          






ブログ(連載記事)

2017年7月10日 (月)

デッサン整理 7

7

細い男の子。この手を見て下さい。細い。

2017年6月26日 (月)

デッサン整理 6

6_1

6_2

 

デッサンは動きを捉える。

この前から見たポーズを6分から7分で描き、後ろに回り3~4分で描く。

2017年6月19日 (月)

デッサン整理 5

5

 

僕はトレンチコートが大好きだ。そのコートには常に物語がある。

2017年6月12日 (月)

デッサン整理 4

4

 

着物のデッサンは好きだ。

細い浴衣の男の子。

足を広げ、手も広げ、身体に縦長の布を巻き付けて出てくる皺(しわ)が美しい。

2017年6月 5日 (月)

デッサン整理 3

3 

いつものようにBARに行く。そこには妖精が居て、時々行く僕を楽しませてくれる。

今日の妖精はボーイッシュだ。でもまた香水の香りを残してどこかに行ってしまうのだろう。

2017年5月29日 (月)

デッサン整理 2

2

細い男の子のデッサンはよくある。とにかく細い。

2017年5月22日 (月)

デッサン整理 1

1

デッサンの描いた枚数を見ると、計り知れない。

整理をしていると、エプロンを着けた女の子、この子はウェイトレスでも何でもない。

これもファッションだ。

2017年3月 6日 (月)

僕のスタンダード 68

これで「僕のスタンダード」は休憩にしよう。

これだけの組み合せ、自分でもこれだけ組み合せがあるのだと驚いてしまう。

もう春、ジャケットがオレンジツウィードのカシミアに黄色いベスト。もう春の組み合せ。

この派手な組み合せを押さえる為に、茶のトラウザースに茶の靴。お洒落って本当に楽しい。

洋服の持ち数に合った置ける場所の確保と、一番重要なのは体型維持。

自分の服達は古着もあるけど、良い物ばかりである。

手放したくない物もあった。

それは、ポールスミスのタキシードと、トキオクマガイのモーニング。

買う時に、いつかはお腹も出て中年体型になるだろうと大きめを買ったのが失敗。

サイズが合わない物ほどみっとも無い物はない。

まず肩が合ってないし、ウエストもダブダブ。数回使用したが、最後は人にあげてしまった。

素材も最高だったし、惜しいことをした。

やはり、サイズが自分の体型に合っていることが一番。

そして太ってきたら筋トレ。

さて、あと何度この服を着るのだろう。たぶんその都度組み合せは変わるだろう。

オレンジのジャケットにピンクのベストも良いかもしれない。

68

2017年2月27日 (月)

僕のスタンダード 67

このジャケットとトラウザースの色の組み合せは、少しずつ春が近づいて来ている。

そして花柄のネクタイ。もう春ですね。

寒い時期は、春を感じさせることが大切。

でも薄い春物の素材では、外に出ると風邪を引いてしまう。

だからタイなどで春を表現。

服の組み合せで春らしい色を、等と言っているが

もう最後に近づくから言ってしまうと、今回の写真撮りは

スーツは別として、多くは自分が組み合せたことがない物を態(わざ)と組み合せしている。

写真撮りして記録に残し、いざ今度着る時はこのように、と思ったが

その写真達はどこかに行ってしまった。

ファッションは、マニュアルに当て嵌らない。

その時の気分で色々組み合せをする発想の楽しさを分かってもらいたい。

さて、2月末とはいえまだ寒い。洋服の一部から少しずつ春にしていこう。

そして今日は、この服を着てどこに行こうか。

67

2017年2月20日 (月)

僕のスタンダード 66

洋服というのは大変だ。

基本は「見せたい、見たい、見られる、見る」。

これはまるで動詞の活用のようだが、やはり

服は今日会う人に「見せたい」。

人は、あの人は今日は何を着て来るのだろう、「見たい。」

そして、その服を着て街を歩いていると、「見られる。」

そして、ウインドーに映り込む自分の出で立ちを「見る。」

これがファッションである。やはり毎日着る物を考えるというのは楽しい。

もう何年もそのように楽しんできた。

天候によって左右され、温度によっては素材とか重ね着をして楽しみ、

行く先によって合せて楽しみ、一緒に行く人によっても楽しむ。

もう「僕のスタンダード」も66話まて来てしまった。実はまだある。

コート編、靴編、ネクタイ編、旅編等とまだまだ出て来るが

自分で書いていて自分の持ち物に呆れ果てた。

あと死ぬまで何回この服の袖に手を通すのだろう。

正装等と言ったら、古い物は40年前物からある。

持ちが良いというか、手入れが良いというか・・・。

もうこの服の説明はよいでしょう。

いつもの僕の組み合せ、ベストは古着でリバーシブルである。

66_2