人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30






« 僕のスタンダード 59 | メイン | 身支度 »

2017年1月 4日 (水)

待つという間の取り方

そこはホテルのロビー。僕はソファーに座り、待ち合わせの人を待っていた。

日本のように音楽の雑音もない、ただ人の話し声、給士が運ぶカップの音、外からの微かに聞こえる車の音。

そこに電話の呼び出し。ボーイが鈴を鳴らして

「M(ムッシューウ)」と呼びロビー中を回る。

その男は手を上げ立って電話に向かう。

まるでヴィスコンティーの「ベニスに死す」のような風が時の中を流れて行く。

ここでは何故か時間がゆっくりと動いているようだ。

古い掛け時計が時を刻んで、その刻んでいる中をまた風が流れていく。

その様な静かな音の中に再び鈴の音とボーイの声。

携帯電話などいらない。その待つという空気がとても大切なような気がする。

今、多くの人がこの「時」を忘れ去り、慌ただしく動き廻っている。

相手がすぐつかまらないと駄目、すぐ電話に出ないと駄目。

そんなに慌ただしく動いていては、全て為損じるような気がする。

今日は携帯電話を持たないで出かけることにしよう。

そしてもし友人と会う事になったら、待ち合わせのキャフェの電話番号を

前もって教えておこう。態と映画のように呼び出してもらうのだ。

ちょっとの短い劇を楽しんでみようか。今日の主人公は僕かな。

Photo_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/34004010

待つという間の取り方を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿