人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    






« 人は癖があるもの | メイン | 最近の心配 »

2017年1月23日 (月)

僕のスタンダード 62

そしてまたツウィード。このように、僕はツウィードが好きだ。

前回も書いたように、街で着てはいけない。

では、この服をどこで着れば良いのだろうか。

カントリーとはいえ、日本のカントリーとは、絵をよく描きに行く丹沢辺りであろうか。

ではこれを着て丹沢湖の周り約10kmを散歩し、蕎麦屋にでも入るか・・・

しかし他のお客様達はダウンジャケットにパンツ、というスタイル。

なのに僕だけその蕎麦屋の中で浮いてしまう。

では、売店に入り黄粉餅を食べても、これでは様にならない。

狩りもしないし、靴を変えないと山道も歩けない。

さて山道とはいえ、このようなスーツで山道を歩いたとして

廻りは皆山用のダウンにパンツ、リュックにステッキというスタイルに囲まれて

山を登る姿を想像して下さい。

ドレスコードを間違えた一人の男ということにならないだろうか。

皆からは不思議な目で見られ「何だ、この人は?」と言う声が聞こえそう。困ったものだ。

日本でツウィードを街で着ることを許してもらう他ない。

62

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/34008612

僕のスタンダード 62を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿