人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      






« 僕のスタンダード 56 | メイン | 髪 »

2016年12月14日 (水)

ブルーとグリーン

僕はブルーとグリーンの組み合せが好きだ。

濃いブルーから明るいブルーまで。

むろんグリーンも濃い色から明るいグリーン。

買い物の時、タイでもスカーフでもジャケットの柄も、その色達に目が行ってしまう。

昔のイブサンローランのコレクションで見た、ピンクとオレンジの組み合せ。

黒のドレスに結ばれていた、ライトブルーとライトグリーンのリボン。

あの時代は衝撃的だった。それが大人の女性の着る物だと感じた。

たしか、青山の外苑にあるサンローランの店が素晴しいのに感動した。

それからしばらくして巴里で生活が始まったが、

伊丹十三の台詞を貸りると

「なにからなにまでパリである。恐ろしくパリそのものである。

街中が文化に満ちあふれている・・・。」

自分の生活していた70年代の巴里が一番好きな時代だな。

それから帰国して、何度も仕事で巴里へ行った。

行く都度何となくちょっとずつ変わっていく。

やはり東京も変わっていってるものね。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33987243

ブルーとグリーンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿