人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          






« 僕のスタンダード 53 | メイン | 続 お子様ランチ »

2016年11月23日 (水)

花を贈る

昔テルースをやっていた時、an・anから取材依頼が来た。

内容は「花を贈る」というテーマで

貴方はどのように花を贈りますか、という内容であった。

取材される人は郷ひろみ等著名人達の中での1人に選ばれたわけで、

まあ常日ごろのことをすればよいかなと思っていた。

忌の時はカサブランカ、仕事場はガーベラ、

花を贈る時は何も葉など刺さずにデコレーションせず

花を1種1色に絞り込みフラワーアレンジメントは好まず、単に花束が好きだ。

取材当日、靴を運ぶオンボロ車で待ち合せ場所に向った。

テルースの店で待ち合せ、食事でも、とその取材の人に車の助手席に座ってもらった。

そこで僕は業とらしく「今日は何の取材?」と聞くと

「ムッシューが花を贈る時の話を聞かせてください。」

僕は「ではこのようなことですか?後ろを御覧下さい。」

その人は後ろの荷台に顔を向けると「凄い」の一言。開いた口が塞がらなかった。

通常靴を積む荷台の中に、一杯の霞草が入っていたのであった。

この話はその発売のan・anのトップであった。

花を贈るというのは楽しいことだ。

Photo_5

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33916483

花を贈るを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿