人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      






« 僕のスタンダード 51 | メイン | 冷たいと感じたら手袋を替える »

2016年11月 9日 (水)

待つ間の取り方

「待つ」というのは、僕は好きだ。

「誰かと待ち合わせで待つ」「病院で順番を待つ」「電車を待つ」。

人の人生って全て「待つ」から始まり、そして終わる。

だからその「待つ」という時をどのように楽しむかが、

その人の人生を楽しくさせるか、暗くさせるかが決まる。

待つというのは覚悟をしていなくてはいけない。

僕は待ち合わせに遅れたことが無い。いつも30分近く前に行って楽しんでいる。

近くにコンビニに行ったり、たまたまあった本屋を見ていたり、

そしてどこかに座って街や行きかう人々を眺めたり、そして待ち合わせの時間が来る。

この待つという時間に振り付け・ポーズ等を考えたら、また面白くなる。

コンビニに入り、探す物など無いのに探す振りをする。

雑誌に掛かっている輪ゴムを弾く、レトルト食品を手に取り内容を見たりする。これで5分以上が経つ。

本屋に行っては辞典売り場に行き、現在使用している物より良い物はないか、

額に皺を寄せ、学者気分で探す。

外に出ると人を眺め、街を眺める。決してキョロキョロしてはならない。毅然とした態度でゆっくりと。

このように30分は過ぎて行く。

すると「お待たせ」。何と軽い柔らかい声がする。

僕かな、と思い振り向くと、隣の男の人だった。

声の持ち主は、毛皮を羽織った美しい人だった。

Photo_10

 

さて、僕は誰と会うのであったか。この30分がいつもとなく楽しかった。

あと30分待って誰も来なかったら帰ることにしよう。

今日も携帯電話を忘れてしまった。

僕の「待つ」の楽しみ方、当ての無い、何か変な旅だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33915741

待つ間の取り方を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿