人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30






« 僕のスタンダード 54 | メイン | CAFE DE DIANA GALERIE 更新情報 Vol.082 »

2016年11月30日 (水)

寸志

Photo_3

寸志とは心添えのことであり、外国ではチップである。

寸志は総額の10%、つまり霊柩車は5,000円。

賄いの方々にも、と、葬儀の時は葬儀担当の人が全てやってくれるのだが。

さて、料亭等行くと、まず下足番に仲居さんに、そして料理人には、と大変なことになる。

正しいことを知っている方は教えて頂きたい。

外国も、ホテルから出る、タクシーを探すのにドアーマンに依頼をして、ドアーマンがタクシーを呼ぶ。

車に乗る際に、ドアマンにチップ。そしてタクシーを降りる時に、タクシーチップ。

キャフェに入ればギャルソンにチップ。

それを続けると、常連にはなるが金は掛かる。

ホテルにてコンシェルジュにレストランの予約の依頼のチップ。

劇場を予約してチップ。

劇場にて席が気に入らないと文句を言って、席を変えてもらう。その人にもチップ。

まァ、コンシェルジュ等使っていると便利である。

顔も覚えてくれて、名前も覚えてくれるが、常にチップである。

日本では習慣はないと思っている人が多いが、

料亭、料理屋、結婚式、冠婚葬祭全て実は寸志というものがあり、

植木屋等もその類いである。

私の友人は巴里に居たころから今だに日本でも洋服屋にチップを渡している。

そういえば、都度はないけど、年を取れば取るほど寸志が増えるような気がしてきた。

いつも世話になっている店にお菓子を持っていったり・・・。

Photo_4

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33916473

寸志を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿