人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  






« キャンプの師匠 | メイン | 僕のスタンダード 53 »

2016年11月18日 (金)

ファイヤーロール 第2話

ファイヤーロールとは、トイレットペーパーの使用前の姿で

早く言えばホテル等でトイレットペーパーの先を三角に折り

金具の蓋の先から出ている物をいう。

Photo

ファイヤーロールは消防署のトイレで、

緊急時にトイレットペーパーが途切れず出てくるように、という

消防士達の習慣から生まれたものだという。

もちろん以前、ブログのコメントにもその通りだということをもらったが、

しかし僕の性格は真実を知りたいと、あのブログを書いた時から思い続けていた。

いつか消防署に行った時に聞いてみよう。

そして車で消防署の前を通るたび、そのことを思うのであるが

車は急に停まれないし、まさか消防署の中に

トイレのことを聞くのに車を入れるということも出来なかった。

しかしその時は来た。四ツ谷三丁目に博物館付きの消防署がある。

丁度その日は車ではなく、歩きの日であったので

意を決して中に入り、受け付けに居た消防士の人に聞いた。

「消防署のトイレの件でちょっと伺いたいのですが」

相手は目を丸くして僕の顔を見た。

「実は」と、前文に書いたトイレットペーパーのファイヤーロールのことを聞いたが

あまりその意味が伝わっていなかった。

「当署では、トイレに入ると、使用する分だけまず最初に引き出し

手に丸めて持っているのです。

そして緊急時にはすぐに使用出来るということなのです。」

僕は、これも一理あるな。確かにファイヤーロールも何かの拍子で切れる場合もある。

まずは手で使用する分だけ丸めて持つ。これも正しい話だ。

ファイヤーロールの三角部分だけあり、あとはトイレットペーパーが品切れ、という場合もある。

この使用する分だけ引き出す、つまり使用する前に残も確かめることが出来る。

これも1つのやり方である。署によって違うのかもしれない。

是非消防署のトイレのマニュアルを見てみたい気がする。

まずは僕の心が少し落ち着いた。

Photo_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33916467

ファイヤーロール 第2話を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿