人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          






« 僕のスタンダード 44 | メイン | タートルのセーター »

2016年9月19日 (月)

羽織る。

「羽織り」という着物がある国なのに、

洋服を羽織るというのは洋服の世界ではあまり合わないことが分かった。

例えばトレンチを羽織る(この場合袖を通さない)場合は、ベルトが抜け落ちないように背中で縛り

そして肩にトレンチを羽織るわけだが、肩にコートの肩部分がぴったり当て嵌まっていないと

強い風など吹いたらコートが飛ばされてしまって大慌てになる。

もちろんこれは骨格にもよるが、

やはり肩が広くないと、そのトレンチコートのハンガーの役割を満たすことが出来ない。

さてこのご婦人

Photo_2

ロングコートを羽織っているわけではないけど、

どこも縛っていないから、これも羽織ると言って良いのかも。

しかし、そのコートを腰に両手で押さえ付け、

まるで厚地のコートが風に対抗して、両手で押さえ込んでいるようだ。

つまり、コートの押さえ込み洋服というのは、風が吹けば新たな表現が生まれて来る。

しかし、それにロングの巻きスカート。

これからアウトドアの風に負けて退散し、キャフェに入って来るのだろうか。

ファッションは常に自然との戦い。自然による美しい表現が生まれてくる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33848549

羽織る。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿