人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      






« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月 8日 (月)

グレー

グレーと言っても、彩度によって色々ある。

ブルーグレー、チャコールグレー、言い出したら切りがないような気がする。

夏のこの時に、サマーニットのブルーグレーに綿の編み上げのブーツを履く。

何とお洒落な人なのだろう。

彼女のポーズは左手の親指を何かに掛けているが、それは

スカートに付いているサスペンダー風の細紐である。

スカートもしっかりとウエストの位置、その位置を守る為にサスペンダー風の紐が付いているのか。

またはその細紐とブーツの紐を組み合わせているのか。

ファッションは難しく、よく分からなくなって来る。

 Photo_7

しかし、よく分からないのは当たり前で、着ている本人でないと組み合わせの意図は分からない。

まさか「その組み合わせはどのような意図で」と聞く訳にもいかず、

ただ、この夏涼しそうにサマーニットのセーター、それもブルーグレーの、そしてその色で統一されたファッション。

どうも気になる今年の秋。

僕はネイビーブルーと、グレーフランネルと茶系が気になり始めた。

もうすぐ8月も半ば。この暑い中、冬物のことを考えるのはちょっと難しいかな?

2016年8月 5日 (金)

グレー感覚

グレーと言うと、ブルーに続き暗い感じがする。

「今日はブルーな日」とか言わないかな?「今日はグレーだ!!」とか・・・。

僕の好きな色の1つにグレーがある。

昔、知人の男性が「グレーフランネル」という香水を買っていたのを思い出す。

グレーフランネルとは、グレーのフラノ地の意味のようだが、その香水の香りは忘れてしまった。

グレーに茶のニット帽と、濃いグレーのストッキング。

その濃いグレーの色を、ニット帽の折り返しに合わせているのがお洒落だ。

茶にグレー、お洒落な組み合わせだ。

 Photo_2

お洒落な人って、起きている間、自分の持っている服を考えていて、

何か見つけると「これはあの組み合わせに良い」等と考えているのだろう。

まさか寝ている時も、夢の中でも色の組み合わせを楽しんでいるのだろうか。

そして街を歩いていると、ふとした瞬間、これはあの時の夢で見た色だ、とか

組み合わせだとか、きっとその人は自分の住む空間もそれなりの組み合わせをしているのだろう。

着る物の趣味が良く、食事の趣味も良く、住む空間も美しい人に憧れる。

2016年8月 3日 (水)

僕のスタンダード 38

前回はネイビープルーの女の子の話を書いたので

今日の僕は綿のネイビーブルーのジャケットに挑戦してみた。

この組み合わせのグリーンのニットはよく登場する。

38

理由は、自分が本当に好きな色だからであろうか。

または持っている服に合わせ易いのか、本当に組み合わせの写真を見ると登場回数が多い。

そのニットに合わせたシルクのニットタイ、

そしてグリーンと白の細かいギンガムチェックのシャツに白のパンツ。

僕の得意な楽しい柄の靴下。

よく同色のグリーンで統一したなと、自分に呆れてしまう。

そしてカジュアルスタイルに本物の蜥蜴(とかげ)のローファーにクロコダイルのベルト。

僕はカジュアルには靴もカジュアル、ベルトも・・・

と時々は言いたいのだが、カジュアルに高価な蜥蜴の靴、クロコダイルのベルトを合わせるのが好きだ。

自分なりにこれが「シックカジュアル」という言葉に当て嵌まるかな、と思っている。

「シックカジュアル」なんていうのは簡単だが、

やってみるとオールカジュアルになったり、コンサバティブになったり、難しいけど僕は楽しんでいる。

 

2016年8月 1日 (月)

ネイビー

ネイビーと省略語で題を書いてしまったが、言いたい単語はネイビーブルーである。

(NAVY:海軍、つまり海の色であろう故、濃紺色をNAVYBLUEと言う)。

昨年から嵌まっている服の色、ネイビーブルー。

この色は上品な色で、スーツ等は僕でさえも知的に見えるのが嬉しい。

男はスーツやジャケットという感じだが、

女性の洋服のスタイルは多種多様で、見ている方も楽しくなる。

もしこの女の子の服が、肩が出ずただの丸首のワンピースだとしたら、

シンプルだとさらに質を求められることだろう。

しかし、このワンピースはオフショルダーネックと言い、

それも肩に引っ掛けるのではなく、ニットの縮みを利用し胸元にしっかり止まっている。

実に良く出来ている。実はどこかに隠された紐があったり・・・。

しかしそのようなことは無いだろうと想像しながら

美しい人を眺めている午後であった。

 Photo_3

しかし、ネイビーブルーという色は何にでも化けられる色だな。

今日の僕もネイビーブルーのサマーニットに白のパンツの出で立ちだ。