人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30






« 僕のスタンダード 35 | メイン | 9年目のスタート »

2016年7月13日 (水)

細い男の子

「細い男の子」何回目だか忘れた。

僕も細い。それは服を着たいが為である。

昔、カール ラガーフェルドがクリスチャン ディオールの細い服を着たいが為に

痩せたという話を聞いたことがある。

僕も着たい物があれば体形を変える。しかし、暫く前のローライズには参った。

ウエストが臍下の腰でおさまり、食事が進んでしまう。

お陰で1本しか持ってないローライズパンツは、思いっきり食べたい時に穿くようにしていた。

困ったファッションだ。僕のパンツ・・・というよりトラウザースの方が正しいと思うが、

全てジャストウエストで空腹時に採寸している故、食事の時はあまり食べられない。

食する時はカジュアルなら1本しかないローライズを履くか、

ジャストウエストに1インチ緩みをもたしたサスペンダーで吊るすトラウザースを履く。

これはもちろんベルトループはない。故、ベルトはしないが、両サイドに調整ベルトが付いたクラシックな物だ。

やはり何10年と服・ファッションの中に居ると、やはり自分が着たい物は体を変えてでも着たい。

よって未だに筋肉を付けない低重量高回数のウェイトトレーニングを欠かさないのだ。

細い男の子の仲間で居たいのだ。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33769265

細い男の子を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿