人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  






« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月 6日 (月)

ヨットパーカー

僕が学生の頃、この女の子が着ている物を「ヨットパーカー」と呼んでいた。

Photo_5

ヨットパーカーは、海で過ごす時に便利で良い。

何しろフードが付いている服というのはこれしか無かった。

冬のダッフルコートは別として、海風が強い時にフードを被る。

現代ではダウンジャケットやダッフルではなくコートやカーディガンにも付いている。

このヨットパーカーを今の人は何と呼んでいたっけ。

フード付きスウェット、フード付きカーディガン、フード付きダウン。

とにかくちょっと首から上の暖を取るにはたいへん良い。

しかし学生の頃は悪い奴がいて、フードの中に何か入れる。

それが飴とかだと可愛げがあって良いのだが、虫等はたまったものではない。

しかしヨットパーカーは学生の時に持っていただけで、その後買った記憶が無い。

やはり別の物にフードが付いているからかな。

僕のフード付きはダッフルコート。雨の日に車を洗う時着るゴアテックスの上下。

あとはダウンベスト。山で絵を描く時に着る、狩り用のポケットがいっぱい付いているショートコートかな。

しかし雨の時以外は使用しないな。

やはり昔、フードの中に何か物を入れられた恐怖心があるのかもしれない。

貴方も気を付けて下さい。

2016年6月 3日 (金)

CAFE DE DIANA GALERIE 更新情報 Vol.076

 大久保 信子 氏 アート展示

ダイアナ原宿店 2階 「CAFE DE DIANA GALERIE」にて

6/2(木)~6/29(水) 11:00~20:00 展示致します。

※最終日は17:00までの展示となります。

------------------------------------------------------------------------------------

大久保 信子   Nokubo Okubo

昭和44年 東京都新宿区飯田橋で産まれる

平成4年 廣済堂印刷 デザイン企画部でグラフィックデザイナーとして就職

平成26年 ギャラリーERにて初個展

平成27年 ベラドンナ・アート展に入選  東京都美術館にて展示

同年2月 銀座アモーレ・ギャラリーにて展示

同年4月 「はなあゆ」にて展示会

同年8月 現代パステル協会展入選  東京都美術館にて展示

同年9月 現代パステル協会展入選  大阪市立美術館にて展示

同年11月 パリ国際サロン優秀賞受賞  フランスのエスパス・コミンヌ

    ギャラリージョゼフ・ミュゼ・ピカソ ギャラリー・デュ・ヌレにて展示

平成28年 ベラドンナ・アート展に入選  東京都美術館にて展示

160602

------------------------------------------------------------------------------------

ゆったりと心を休ませたいときは、

「カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー」にお立ち寄り下さい。

展示作品は一般から随時募集された新鮮な絵画たち。

香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画が

ほっとする空間を醸し出します。

------------------------------------------------------------------------------------

【Address】

東京都渋谷区神宮前1-8-6

ダイアナ原宿店 2階

Cddmap_3

------------------------------------------------------------------------------------

【アーティスト募集】

プロ・アマを問わずアートを志す方に、

ダイアナ原宿店2F カフェ ド ディアナ ギャラリーを

展示会場としてご利用いただけます。

詳しくは販売促進課「カフェギャラリー係」(TEL:03-3479-8010)まで

お尋ねください。

2016年6月 1日 (水)

脚長ポーズ

通常立っている人を描く時は、画用紙を縦に使う。何しろこの男の子は脚が長い。

その長い脚を思いっきり広げた姿を描くには、縦の画用紙を横に使用して

広げた脚をデフォルメして、より長く横に広がるように描く。これは描いていると楽しい。

思いっきり思いっきり長く、しかし羨ましい話である。

Photo_2

僕もこの子のように脚が長ければ、人生も少々変わったかも知れない。

そう言えば「脚長小父さん」という童話?の本があったが、どのような内容だったか記憶にない。

この男の子が持っているような小振りのバッグも最近目に付くようになったが、どこで売っているのやら。

僕は小さなバッグというものは持っていない。バッグはA4が入るくらいでないと、バッグとして通用しない。

旅に出る時、小振りのショルダーを肩から掛けて、切符等取り易いように入れるのだが

やはり別にバッグを持つ。

この小振りのバッグの使用は、会社に行く時大きなバッグの中に入れて持って行き

昼食等に行く時に財布と携帯電話と、まぁ必要な物を入れて持ち歩くのだろう。

僕の場合、小さいと忘れてしまいそうだから持たない。

ショルダーだと常に肩に引っ掛けておけるから安心。

Photo_4