人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          






« もうすぐ春ですね | メイン | 僕のスタンダード 11 »

2016年1月22日 (金)

パンク 3

(1月13日の続きです)

ビスや釘だったら、それを抜き取る。

そして刺さっていた穴を、尖った物を刺し込み大きくして、

そこに特殊なプラスティックの棒を刺し込み、専用のボンドを塗り込む。

なるほど、スタンドマンも僕らの話を聞いて分かったみたいで安心した。

電話を切り、スタンドマンによろしく頼んだ。

しかし「液体は何故駄目なのか」と聞くと、後でタイヤの中を洗わなくてはならないし、タイヤの持ちも悪くなるらしい。

このプラスティックの棒とボンドで完璧ですョ、とスタンドマンはジャッキで車を持ち上げ、もう作業を開始した。

タイヤが外され、原因のねじが刺さっているのを発見した。

僕がディーラーと話していた通り、尖った物でグリグリやり、プラスティックの棒を刺し込み、ボンドで・・・

このようなこと、素人の人間では出来る訳ない。

しかし大変だ。この後ディーラーに持って行く作業が僕には残っている。

車は直ぐに元に戻り、最後に左右の空気圧を合わせて出来上がり。

しかし何故このように親切だったのか。

それはガレージの中に停まっていたモーガンの持ち主を僕が知っていたからで

それはよく行くキャフェの親父さんの車であった。

スタンドマンもその話をしたら、より親しみを感じたのだろう。

料金を払い、お礼を言い、帰路に就く。これから野沢まで最終点検してもらいに行かないと。

「日暮れて道遠し」と言う、伊丹十三の言葉が頭を掠めた。

ディーラーに持って行った時には、もう日が暮れていた。ディーラーのガレージでの再点検。

僕は機械物は信じない。何時何があるか分からない。

ましてや人間が作った物は絶対に壊れると信じて止まない。だから注意をする。

Bike(自転車)も車もガレージのシャッターも電化製品も、いつかは壊れる。

であるからして、注意して扱う。そして僕達もいつか壊れる。

ディーラーから1つ不思議な点が挙げられた。

それはビスによるパンクは、後ろのタイヤがパンクするもので、

前のタイヤで弾かれて後ろのタイヤがパンクするのがほとんどとのこと。何故・・・。

しかし考えても仕様がない。皆様も御存知の通り、最近はやたら工事が多い。

家の廻りでも4軒も工事をしているし、会社に行く道路も常に工事をやっている。

ビスはきっと山ほど路に散乱しているのでしょう。注意しようもないけど・・・。

せめて緊急対応が出来ること、いつ何が起こるか分からない時代です。

もしこれが山の中だったら・・・。

(完)

3

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33631797

パンク 3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿