人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  






« 紫の人 | メイン | 合成 »

2015年11月25日 (水)

妖精とドラキュラ

またシリーズを描いてしまった。

「妖精とピエロ」「妖精と豹」「妖精とスーパーマン」今度は「妖精とドラキュラ」だ。

妖精が声を掛けた相手を間違えたか、男はドラキュラであった。

 

201508087881091 2015年8月8日 妖精とドラキュラ (透明水彩 788mm×1091mm)

 

黒のマントが一面に広がり、妖精を浮かび上がらせる。ちょっと恐いが、血を吸われる妖精の顔が好きだ。

最近は風景よりもこのようなファンタジアを描くのが好きになった。

特に夏は暑いし、外で描くというのも大変な作業。

クーラーの効いたアトリエで、夢見心地で描いているのも良いのだろう。今年の夏も暑かった。

アトリエ仕事が大半で、あとは雨だと暑いとか言ってさぼっていた。

きっと冬は寒いとか言って外には出ないのだろう。

風景をよく描いていたが、自分の好きな所は限られている。だからいつも同じ物を何度も描く。

これが何度も同じ所を描いて上手くなるのだろうけど、少々飽きたかな。

そうすると何か新しい物、新しい描き方の発見があるのだろう。

妖精の次は何か。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33602805

妖精とドラキュラを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿