人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  






« お子様ランチ 3 | メイン | ゴルティエのコルセット »

2015年10月14日 (水)

這って帰れる所 全てがある

昔、巴里に住んで居た頃、家で食事を作ることもあったが、作ると言っても簡単。

近くにはパン屋があり、バケットを買い、お惣菜屋でパテ等を買い、肉屋でフィレ肉を買い、

塩コショウで焼けば出来上がり。

でも週に3回はキャフェに行って、いつも決まった席、いつものギャルソン。メニューも見ない。

ステーキにフライドポテト、コショウのステーキ。だから日本でも和洋中のいつもの店を持っている。

同じく御主人とも顔なじみであり、メニューも見ない。

特にトムスサンドウィッチなどメニューの上から2番目がキャベツベーコンで

1番上がBLT等と頭の中に入っている。それらで食べて、古本屋そして古着屋へ寄って帰る。

お酒をちょっと飲み過ぎの場合は、衝動買いをしてしまうから危険であり、次の日大いなる反省をする。

全て自分の側にあるというのは便利であるし、味もそれなりだし、メニューを見ないから

前食べた物の味を想像して、このような物にアレンジして欲しいと頼むとやってくれる。

例えばトムズサンドウィッチだとBLT(ベーコン、レタス、トマトのサンドウィッチ)に

チーズと目玉焼きをトッピングする。これは旨い。

このようなことをしていたら、トッピングメニュー等出来てきた。

伊太利亜料理だとペンネアラビアータ ラグー ビスマルク。

時々、九州のレストランから猪が送られて来て、肉が猪に変わると別物になる。ビスマルクとは目玉焼きである。

このように人生を楽しんでいるのも良いかも知れない。

ワインもいつものが出てくるし、最近は店を探すということが無くなった。

だって、新しい店に行ったら通いつめて慣らしていかなくてはいけないし、新しい味に馴染めないかも。

全て、這って帰れる所に自分の家の食道の延長の店がある。

Photo_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33556847

這って帰れる所 全てがあるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿