人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          






« 優雅に自転車(バイク)を | メイン | 夏が終わる時 »

2015年9月28日 (月)

僕の家はブルーシート族

もう9月。昔は涼しい季節の始まりなのに、最近は暑さが続く。

いつものBARに行くと、ロングのスリップドレスの妖精が立っていた。

そのドレスはトランスパーラン(透けて)ブルーの生地を通して

体の部分部分が体の動きによって見える。

背の高い綺麗な人だ。深く被った鍔(つば)の広い帽子からちらりと見える目も魅惑的である。

Photo

ふとブルーのドレスの色が目に留まった。「僕のカーテン」と同じ色だ。ブルーシートの色だ。

ブルーシートとは、ピクニックで敷いて座ったり、また

一番よく使用しているのは工事現場の養生等々。

このような暑い日が続く前は、長い簾(すだれ)だった。これは便利。

いつもは下げていて、絵を描く時等外光が欲しい時は巻き上げればよい。

しかしどうも暑すぎて、次にシーツを大型のクリップで窓枠に止めた。

それでも陽の光が強い。最終的にブルーシートをシーツの上に重ねた。

何故僕は通常のカーテンを使用しないかというと、カーテンにつく埃が駄目なのである。

故、すぐ取り外し、外でバサバサすれば簡単である。等と考えていたら・・・。

また美しい妖精を見失なってしまった。

あのブルーのスリップドレスが、違う世界を漂わせたからだろう。

2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33519835

僕の家はブルーシート族を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿