人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      






« NICOLEのTシャツ | メイン | 古着屋と古本屋は週に一度は顔を出し花屋は二週間に一度顔を出す »

2015年9月18日 (金)

古着屋と古本屋は週に一度は顔を出す

最近週に1度は古着屋と古本屋に顔を出すようにしている。

この前は、古着屋で綺麗なピンクの綿のサマーセーターを見つけた。

しかし少し僕には大きかった。

そこで御主人に、一度洗いを掛け脱水し、乾燥させて縮めて欲しいと頼んだ。

御主人は、喜んで引き受けてくれたが、まだ連絡が無い。今日寄ってみようかなと思う。

古本屋は古着屋と同様に楽しい。その古本屋のセレクトの趣味が僕に合っているからかもしれない。

僕は絵描きの金子國義のファンである。数冊持っているが、欲しいものがあった。

ある時その古本屋に行った時、偶然「アルスの画廊」「青空」があった。即購入した。

金子國義は、今年の3月16日に亡くなった。残念でならない。

きっと回顧展があるだろうから、注意して色々見ている。

さて、今悩んでいる物がある。それは伊丹十三氏の「女たちよ!」である。

自分も持っているが、何度も読み返したのでもう活字が掠れてきてしまった。

そこで文庫本は買ったが、しかし同じものが欲しい。でもどうしようか。

今日など行って見て、もしあったら買ってしまおうかと迷っている。

古着も古本もこの迷っている時間が楽しいが、在庫がある訳ではないので、誰かが買えば無くなる。

何となくゲームのようだ。

さて、そろそろハンティングに出かけるか。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33511465

古着屋と古本屋は週に一度は顔を出すを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿