人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          






« ギックリ腰 1 | メイン | 洋服って正しいが分かってこそ着崩すことが出来る 1 »

2015年6月 8日 (月)

ギックリ腰 2

ギックリ腰の次の日、僕は病院に行こうと思った。しかしどの病院に行くかを迷っていた。

整形・・・整体・・・針、灸。しかしそのことより

ステッキ選びに夢中になっている僕の頭はいったい何なんだ。

その時米国の叔母の居る施設から電話が掛かって来た。

米国の叔母というのは、僕の叔母で米国人なのだ(米国人と結婚した故)。

今は日本の施設に居るのだが、ベッドから落ちて骨折してしまい入院。

自分のギックリどころではなくなった。優雅にステッキ選び等していられない。

車で叔母の病院に向かうのだが、車の椅子が辛い。

クッションやら毛布やら、背に当て病院に向かう。

先生の話によると、簡単な手術で済みそうだと、それを承諾して家に戻るが、

さて、その先は僕の腰だ。車の中で色々考え分析をした。

自分もスポーツをしていたことがあり、整形も整体も知っている。針、灸だけは苦手だ。

この様子だと、あまり酷いギックリ腰ではないようだ。今日は一日空けてあるから

旨い昼食を取りながら、ゆっくり考えることにしよう。

また朝のステッキ選びに戻った。食事をしながら考えていた。

スポーツマッサージというのはやったことが無いから興味があった。近くにあるのは知っていた。

よし、それに行ってみよう。ステッキを突きアポイントを取った。

運良くすぐにやってくれると言う。

療法はストレッチである。スタートは痛かったが、30分もすると痛みが取れて、きちんと立てるようになった。

先生の話を聞くと、左のギックリ腰の原因は、左の筋肉が右より劣っている、ということ。

劣っているということは、トレーニングとストレッチをしなくてはいけない。懐かしい言葉だ。

あのアイアンマンの頃のスポーツが頭を過ぎった。

あれから何年経ったのだろう。バイク(自転車)は乗っているけど、もう何年泳いでいないのだろう。

走ってもいないし、ウエイトトレーニングもしていない。無論ストレッチも。

あの10数年のスポーツ生活から今の生活。一体その間何が起こったのだろうか。

このギックリ腰は何かの暗示かも知れない。

2

-----------------------------------------------------------

僕の絵「春夏秋冬+春」の常設展のお知らせ

 

期間:2015年5月2日(土)から7月31日(金)まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン「ヴィゴーレ」。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

ご来店の際は予約して下さいね。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

20140405 

2014年4月5日 枝垂れ桜(縦) (透明水彩 788mm×1091mm)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33393389

ギックリ腰 2を参照しているブログ:

コメント

Dear Monsieur H. Tellus,
Welcome to the club!
治療法は、どれが自分に合うかを探し出すことです。ある人は鍼灸が効き、ある人は整形のけん引が効きます。私は一番信用していなかった鍼灸が劇的に聞きました。その腰痛の主治医は「長年の積み重ねが出ただけ」といいます。でも、どんな医者でも口をそろえて言うのは「これから長い付き合いになるよ」とのことです。腰痛持ちという自覚を持ってください。それだけで、私は年一回程度に収まっています。
お大事に!
CJO

 
 
CJO 様

コメントありがとうございます。

他人事のように思っていたギックリ腰。ついに自分にも来たとは。
「長年の積み重ねが出ただけ」
「これから長い付き合いになる」
いつまたやって来るか分からない。
物を持ち上げる時は、自分に声を掛け気合いを入れて
行動することにします。

コメントを投稿