人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            






« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月29日 (金)

CAFE DE DIANA GALERIE 更新情報 Vol.065

GEORGE HAYASHI 氏 アート展示

ダイアナ原宿店 2階 「CAFE DE DIANA GALERIE」にて

5/28(木)~6/24(水) 11:00~20:00 展示致します。

※最終日は17:00までの展示となります。

------------------------------------------------------------------------------------

東京生まれ。水墨画家の林素菊の孫。幼少二歳から独学で絵を描き始める。

「NOMAD HEART/自由な心」をスピリットに、野生動物や自然が持つ本能やエネルギー

強さや生き方に影響され表現している。

国内では多くの個展他にNIKE VIP SHOP内の壁画制作や企業コマーシャルへの作品提供

映画のコラボ絵画製作、アパレルや飲料水ブランドとの共同製品が発表されている。

国外ではフランス系上海の美術館にてSalvador Dali展の後に個展をする他、

国際交流展や アジア最大級のアートフェア上海に日本代表作家として両国の画廊から参加する。 

在上海日本国総領事館本館玄関・会議室前・公邸に作品が飾られ、

総領事館から中国政府向け年賀の 絵画を依頼される。またマカオのカジノホテル内の壁画制作している。  

海洋保全団体のメンバーとして米国での企画展等を通じて活動をしている。

国内外の画廊や美術館等で作品が取り扱われ、様々な活動を展開している。

神奈川美術協会在籍(現在休会中)

01

------------------------------------------------------------------------------------

ゆったりと心を休ませたいときは、

「カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー」にお立ち寄り下さい。

展示作品は一般から随時募集された新鮮な絵画たち。

香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画が

ほっとする空間を醸し出します。

------------------------------------------------------------------------------------

【Address】

東京都渋谷区神宮前1-8-6

ダイアナ原宿店 2階

Cddmap_3

------------------------------------------------------------------------------------

【アーティスト募集】

プロ・アマを問わずアートを志す方に、

ダイアナ原宿店2F カフェ ド ディアナ ギャラリーを

展示会場としてご利用いただけます。

詳しくは販売促進課「カフェギャラリー係」(TEL:03-3479-8010)まで

お尋ねください。

2015年5月27日 (水)

オレンジのダッフルコート

何故最近目が覚めるような色のことを言うのかと言うと、

昨年の冬に5年越しで探していたオレンジのダッフルコートに出会ったからです。

昨年からもう春先まで気に入って着て楽しんでいた。

何しろ洋服屋さんにはカーキ、紺、ベージュの地味な色しかなくて、淋しい思いをしていた。

 

1_2

 

僕の欲しい物は無いのだろう、と諦めていたが、ついに見つけた。オレンジのダッフルコート。

このコートは昨年は何にでも合わせていた。

スーツでもブレザーでもデニムでも、出掛ける時には常に愛用していた。

最初は重く硬い。なかなか木のボタンが閉まらない。

やはりダッフルというものは、着て着ぬいて自分の体に馴染んでくると痛感した。

2_2

 

-----------------------------------------------------------

僕の絵「春夏秋冬+春」の常設展のお知らせ

 

期間:2015年5月2日(土)から7月31日(金)まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン「ヴィゴーレ」。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

ご来店の際は予約して下さいね。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

20140405 

2014年4月5日 枝垂れ桜(縦) (透明水彩 788mm×1091mm)

2015年5月25日 (月)

またBARでの物語

いつものようにBARに行くと、その停まり木に

皮のフリンジのベストを着て、フォークロアなロングスカートを履いた女性を見付けた。

足首に巻き付けたサンダルの紐ベルトが素敵だ。

彼女を見た瞬間「アニーよ銃をとれ」という昔の米国テレビ映画が頭をよぎった。

画像も何も思い出せないが、要するに西部劇だと思う。

アニーという主人公が銃を持ち馬に乗り、勇ましい姿だけを想い出す。

それがライフルか普通の銃かも分からない。ライフルを持っていたのは「ライフルマン」か・・・?

覆面を付け相棒「トント」が出て来るのは「ローン・レンジャー」しかるに、いったいどのような者だか分からない。

今時の人だと、パーソナルコンピューターとかスマートフォンとかですぐ探せるのだろうけど

僕は持っていないし探す気になれない。

名前も知らない、今、アニーと名付けた美しい人の傍に居るだけで、また楽しい想像が出来る。

その時、彼女の手に付いていたアクセサリーがスカートに引っ掛かったか、鳥の羽のようにスカートが舞い上がった。

僕はアニーがスカートの中に忍ばせた銃に手を掛けたのかと思い、胸がときめいたが

 

Bar

スカートの羽は閉じてしまった。

きっとこの後、荒れた裸馬に乗り、立ち去ってしまうのだろう。

アニーはBARの出口に向かった。西部劇に出て来る両開きの戸でないのが残念だ。

アニーを待っていたのは馬ではなく、黄色のフェラーリであった。

その時「アディオス」という単語がよぎった。

今日は昔の事が頭の中を回る日なのかな。それとも少々飲み過ぎか・・・。

「さよなら アニー」

-----------------------------------------------------------

僕の絵「春夏秋冬+春」の常設展のお知らせ

 

期間:2015年5月2日(土)から7月31日(金)まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン「ヴィゴーレ」。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

ご来店の際は予約して下さいね。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

20140405 

2014年4月5日 枝垂れ桜(縦) (透明水彩 788mm×1091mm)

2015年5月22日 (金)

ストライプが着たい

前から着ているストライプのジャケット。綿もあればTシャツ地もある。

ストライプは紺にグリーン、黒に赤、紺に白、マルチカラーストライプ、長年着ているが

どれも満遍なく着て楽しんでいる。

 

1

 

今年も夏になると、サマーセーターと共に楽しもうと思っている。

以前は世の中に存在しなかったから、誰もが見て、目が点になっていた。何となく自分も満足。

特にマルチストライプに白のパンツ、レペットの白の靴を履くのが好きだ。

 

2

 

今年もブルー・白のストライプに白のパンツ、そしてブルー・白のストライプのエスパドリーユを履いて楽しもうと思う。

秋に掛けては、出来ればウール地で紫にライトグレーのストライプのジャケットが欲しいと思っているが、

なかなか見ない。

洋服屋さん、頑張って綺麗な物を作って下さい。

3

 

-----------------------------------------------------------

僕の絵「春夏秋冬+春」の常設展のお知らせ

 

期間:2015年5月2日(土)から7月31日(金)まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン「ヴィゴーレ」。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

ご来店の際は予約して下さいね。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

20140405 

2014年4月5日 枝垂れ桜(縦) (透明水彩 788mm×1091mm)

2015年5月20日 (水)

「衣・食・住」から「食う・寝る・遊ぶ」 その4

衣服を買う為に外に出ないで、テレビのような機械で注文する時が来た。

その前にカタログ販売等という時があったが、今は日常品・文具品で、頼むと次の日くらいに届く。

「衣」はテレビのような機械で頼み、食することはコンビニで電子レンジ、

機械で遊びを楽しみ、あとはリビングで寝る。

リビングにスウェットを着て居れば、人の目を気にしなくて楽。

まさにファッションは「見せたい、見たい、見られる、見る」という生活のレギュラーから

「食う、寝る、遊ぶ」のサポートに回され、生活品のレギュラーの地位から外されてしまった。

僕が東京のド真中にアトリエを構え生活しているからか、

僕の周りの若い人は、全てが高いから、1人だと1DK、1LDKのアパートを選ぶ。

その近くにコンビニがあり、家に機械・・・PCと呼ぼう。

そしてベッド、テレビ等々、休みはそこでゴロゴロ。

お腹が空いたら24時間営業のコンビニへそのままそっとスウェットを着て足を運ぶ、

そしてPCで、いや、今は何と言うのだろう、携帯電話ではなくスマートフォンとやらでも

ショッピングが出来る、何でも出来る。

話は極端だが・・・もしこれが街に遠い田舎の村であったらどうなるのであろう。

近くの農協で食物を買うのか、そして自給自足生活なのか。

4

 

-----------------------------------------------------------

僕の絵「春夏秋冬+春」の常設展のお知らせ

 

期間:2015年5月2日(土)から7月31日(金)まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン「ヴィゴーレ」。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

ご来店の際は予約して下さいね。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

20140405 

2014年4月5日 枝垂れ桜(縦) (透明水彩 788mm×1091mm)

2015年5月18日 (月)

プレゼント 10

もう幾つ目だろう。また作ってしまった。

今回はゲーム感覚なプレゼント。小さなグリーンの巾着

10_1

は、実はもっと沢山の色がある。

その沢山の小さな巾着を、大きなガラスの花瓶に入れる訳なのですが、

その中のいくつかに当たりのチップが入っているのです。

そして来場されたお客様が、その巾着を花瓶の中から数個片手で握り取り、

紐を解き中を探って、チップが入っていると当たり。

当たった人はこの下の画像のポーチが貰える。

この素材は希少価値があり、数が少ないから当たった人は大喜び。

10_2

10_3

10_4

10_5 
このように僕は楽しんでいる。

これは今回5月22日のプレス会見のプレゼントで、

プレス会見の前の今日(5月18日)のこのブログを見る人が居れば、作戦を考えて来られることだろう。

では皆さん、頑張って!

-----------------------------------------------------------

僕の絵「春夏秋冬+春」の常設展のお知らせ

期間:2015年5月2日(土)から7月31日(金)まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン「ヴィゴーレ」。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

ご来店の際は予約して下さいね。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

20140405 

2014年4月5日 枝垂れ桜(縦) (透明水彩 788mm×1091mm)

 

2015年5月15日 (金)

ロボット君 5

持っている人は皆名前を付けているが、未だ彼は名無しの権兵衛だ。

あれから数ヶ月、一緒に掃除をしているが、手順は前と変わらず、部屋の椅子等を片付け

5_1

ロボット君にお願いし、

(僕はスポーツのカーリングのように、彼の前に箒で埃を掻き集めるのであるが)

吹き出し口に当たると、また埃を飛ばしてしまう。

故、その事を困って知人に相談してみたところ、「クイックルワイパー」を勧められた。

クイックルワイパーとは、棒の先に板があり、自由に動く。

そこにウェットティッシュのような物を挟み込み、フローリングの床を拭き掃除する物で、

これは優れた便利物だ。

つまりロボット君と箒とでカーリングを一緒に楽しんでいたが、別れて作業するようになった。

僕は片付けた部屋をクイックルワイパーで板目に沿って拭き掃除。

ロボット君は自由に部屋中動き回り掃除する。

どうもこの共存共栄がより良く効率も良いと感じるようになった。

5_2

 

-----------------------------------------------------------

僕の絵「春夏秋冬+春」の常設展のお知らせ

 

期間:2015年5月2日(土)から7月31日(金)まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン「ヴィゴーレ」。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

ご来店の際は予約して下さいね。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

20140405 

2014年4月5日 枝垂れ桜(縦) (透明水彩 788mm×1091mm)

2015年5月13日 (水)

目の覚めるようなサマーセーター

僕は、前に書いたようにサマーセーターが大好きだ。

毎年愛用しているが、アイボリー・紺・トルコブルー・若草色・ピンク等、

今年はグラデーションのサマーセーターが欲しい。

黄色からコバルトグリーン、黄にどこか暈けた色が入っていたり、

白とピンクのグラデーションを楽しみたいと思う。

1

2

グラデーションが無かったら、編み込みの色が違う物とか、カラフルで楽しい物、

カーディガンなら右身頃がピンク、左身頃がオレンジ、ポケットも右がグリーンで左がブルー。

無いだろうなぁ。もしどなかた見つけたらブログコメントで教えて下さい。

今年は絶対に綺麗な色を着たい。

 

3

4

-----------------------------------------------------------

僕の絵「春夏秋冬+春」の常設展のお知らせ

 

期間:2015年5月2日(土)から7月31日(金)まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン「ヴィゴーレ」。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

ご来店の際は予約して下さいね。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

20140405 

2014年4月5日 枝垂れ桜(縦) (透明水彩 788mm×1091mm)

2015年5月11日 (月)

「男の子」or「女の子」

1

お尻の小ささを見ると男の子のような気がする。

白のデニムにサイドゴアの茶のブーツを見ると、本当に男の子だ。

ユニセックスの時代を感じる。

ただ、よく見ると髪の毛からちょっと見える項(うなじ)が女の子の華奢さを表現している。

そして前から見ると、セーターの色を違う色に着色したら、やはり胸が有り、女の子だ。

少年のような女の子、女の体の骨はやはり男より一回り華奢で、そこが男とは違うところだ。

以前「細い男の子」を書いた時と同じくらいな男の子のような女の子、見ていて楽しい。

2

 

-----------------------------------------------------------

僕の絵「春夏秋冬+春」の常設展のお知らせ

 

期間:2015年5月2日(土)から7月31日(金)まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン「ヴィゴーレ」。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

ご来店の際は予約して下さいね。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

20140405 

2014年4月5日 枝垂れ桜(縦) (透明水彩 788mm×1091mm)

2015年5月 8日 (金)

「衣・食・住」から「食う・寝る・遊ぶ」 その3

「住」に関しては、今はマンションの方が便利であるが

70年代前後はやはり憧れの一軒家。しかし風呂は無いが車はある。故、車で銭湯に行く。

自家用車は憧れであった。そして氷で冷やす冷蔵庫が家電化し

冷蔵庫、洗濯機、ラジオ、テレビ、ステレオ、オーブントースター、

数々の女性の家での仕事を楽にする電化製品が出回ってきた。

「住」の心地良さ、ゴージャス化が進むにつれて、日本の家には応接間という開かずの間が生まれた。

今で言うリビングルームではない。客間である。

ソファーがスペースを占め、そこにはステレオが置かれ、絵が掛けられ、マントルピース、

その中にはガスストーブが置いてあり、西洋のウイスキーが棚に並ぶ。

家族は使用出来ない、お客様の為の部屋。

つまり、お客様が来ると、音楽が流れ、ウイスキーが出され、料理が出される。これが習慣であった。

家電に助けられた主婦の手は、そちらに割かれるようになっていた。

何故このような不思議の間が家に存在したのだろう?外国への憧れか・・・。

しかし外国に生活してみると、応接間というより、それは家族の憩いの間であり

毎日使用する部屋であった。

その頃の日本にはリビングルームという言葉は無く、僕には開かずの間としか言えなかった。

3

-----------------------------------------------------------

僕の絵「春夏秋冬+春」の常設展のお知らせ

 

期間:2015年5月2日(土)から7月31日(金)まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン「ヴィゴーレ」。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

ご来店の際は予約して下さいね。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

20140405 

2014年4月5日 枝垂れ桜(縦) (透明水彩 788mm×1091mm)