人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      






« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月 6日 (月)

嫌い 7 パスタを音を出して食する

役職に就いている人で、多くの人に「先生」と呼ばれる人が居る。

そしてその偉い先生で、「ワインはどこそこの何々で」とか、よく知っている人がいる。

人からは「~先生」と呼ばれ、街中でも「~先生」と呼ばれている。

側に居て恥ずかしくなるが、本人はその気で、やはり威張っている。

ある時、僕は嫌だったが、イタリア料理に先生と数名で食事に行った。

その先生は「~君」とソムリエを呼び、ワインの話を始めた。

料理は昼食だったのでパスタ、肉または魚料理であった。

僕はその時まで旨い物が食べられると思い我慢して席に居たが、

まずパスタが出て、先生が食べ始めた時、これは参った。

パスタを蕎麦のように音を立てて吸い込んで食べるのである。そして食事中も食べる音がする。

僕は何と言うか、恥ずかしいやらどのようにしたら良いのかやらで困ってしまった。

「~先生」とは言え、物の食べ方位は知っていて欲しい。

それ以来、学校の先生以外先生と呼ばれる人と食事をすることを敬遠するようになり、

どこかで「~先生」と呼ばれるのを聞くと、あのパスタを食べる音がBGMのように流れてくるのであった。

7

2015年4月 3日 (金)

ロボット君 4

ルンバとの掃除の話をした。

掃除機を掛けた方が早い、と人に言われて、なるほど、なるほど。

でも、今の僕はルンバとの作業を楽しんでいるのかも知れない。

さて、アトリエは台車で物を移動させ、掃除の準備は出来たが

床に直置きしていた多数の額に袴を穿かせ、ルンバが通り易く掃除し易くしたり

多くの床に置いた物を車の付いた物に載せ替え、ルンバが仕事しやすいようにした。

そして、風呂場のタイルも箒で掃き、ルンバを動かす。

いたるところルンバが動きやすいように、全て簡単に移動出来る床上のものになった。

しかしこれだけ物を動かし掃除しやすくなると、前に言われた通り、掃除機で掃除をした方が良いかも知れない。

まァ、僕の掃除は遊び感覚。

枯葉の掃除はゴルフ感覚、ロングを打つ大きな箒、サンドの中のボールを拾うサンドウェッジ箒、

そして最後に散り取りに落ち葉を入れるパターの箒。

家の掃除はカーリング感覚。箒で埃をルンバの前に掻き集め、ルンバに食べさせる。

今日も朝からルンバと楽しんでいる。しかしその間この原稿を書けば、入稿を迫られなくて済むのに・・・。

ルンバと遊んでいる僕であった。

4

2015年4月 1日 (水)

絵の本を作る 裏表紙「妖精とビュッフェのピエロ」

僕は生まれて初めて人の絵の部分を登場させた。

大好きな絵描きのビュッフェの「ピエロ」だ。妖精の前に黒服の男が立っている。

後ろの鏡を見ると、その男はピエロの顔化粧であった。

まァ、亡くなったビュッフェに断らなくてはいけないけど、絵を売る訳ではないから

大好きなビュッフェの絵の一部を登場させてしまった。

自分でもこの絵は気に入っている。故、裏表紙にした。

20140302_ 2014年3月2日 妖精とピエロ (透明水彩 788mm×1091mm)