人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    






« 嫌い 7 パスタを音を出して食する | メイン | また60年~70年代 »

2015年4月 8日 (水)

鼠との戦い3 取り壊しの陣

大事故とは、鼠に悩まされていた僕のアトリエの洋書が積んである床が抜けてしまったことだ。

業者を呼んで、見てもらったら、家を支える親柱が折れていると言われた。

つまり家を支えている親柱が折れると言うことは大工事。あと水漏れ・雨漏りの工事もすることになった。

まるでリフォーム工事である。

業者の人は上へ下へ、天井や床下に潜り作業をする。この大騒ぎで、鼠はさすがに居られない。

親柱取り替えとなると、床を剥がす工事、雨漏りというと天井を剥がす。

鼠にとっても大事件。

工事が半ばに差し掛かると、鼠達は他に逃げて行ったのかと思われるように糞も臭いも無くなった。

床工事のついでに鼠が入りそうな所を全て塞いでもらい、それからは安心して住んでいた。

しかし、いつ、どこの家が取り壊されて

逃げ出した鼠が隙間から入って来るか分からない。

ここでまた二軒ほど古い大きな家が取り壊された。心配でしょうがない。

でもまずはこれで取り壊しの陣が終了した。

(続く)

3

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33162339

鼠との戦い3 取り壊しの陣を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿