人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      






« ロボット君 3 | メイン | 断酒離 3 »

2015年3月20日 (金)

絵の本を作る 73P 74P 丹沢湖

前回の金田漁港は油を塗った画用紙。この「何かを塗る」というのは病み付きになる。

次の風景は、防水スプレーを吹いた物だ。

油よりは強くはないが、防水スプレーと言うからには水を弾く。

よくヨット乗りがフィッシャーマンセーターに油を染み込ませ、防水機能を持たせるという。

そう言えば狩りのバブアーコートも油を染み込ませ、雨を防ぐという。

僕の場合、全て防水ではなくて良い。白い所が柔らかく残り、防水の少ない所は絵の具が乗ってくれれば・・・。

しかしどこにいっぱい振り掛けたか、画用紙が乾いてしまっては全く分からない。

故、結構「いいかげん」なところがある。

「いいかげん」と「良い加減」、日本語は難しい。

良いか悪いかはご覧になっている方が決めること。でも上手に塗り分けたかな。

20140616 2014年6月16日 丹沢湖 (透明水彩 788mm×545mm)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33168037

絵の本を作る 73P 74P 丹沢湖を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿