人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  






« 鼠との戦い 2 「取り壊しの陣」 | メイン | 絵の本を作る 73P 74P 丹沢湖 »

2015年3月18日 (水)

ロボット君 3

ルンバが仕事をしている間、何もしないで眺めていては何の意味もない。

2回目のルンバの作動の時、僕は箒を持ち出し

ルンバが入れない所、そして出幅木の上の埃を箒で掻き出した。

そしてルンバが向かう方向にその埃を掻き集めると、ルンバがその埃を食べる訳。

まるで氷上競技「カーリング」のようだ。これは楽しい。

戸の溝から埃を掻き出し、ついでに棚の上の埃も全て箒で叩き出し、

ルンバに餌を与えるがごとく、スタイルはカーリング。

これは楽しく面白いではありませんか。

これを始めて1ヶ月が経過した。僕の物を移動し箒で埃を掻き出す事をある人に話したら、

その知人は「掃除機をかけて掃除した方が楽ではないですか?」

僕はそのことを聞いて背筋がゾーっとしたのであった。

3

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33133025

ロボット君 3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿