人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          






« ロボット君 2 | メイン | 絵の本を作る 71P 72P 金田漁港 »

2015年3月 9日 (月)

断酒離(だんしゅり) 2

血液検査結果の当日が来た。悪い結果が出ないと良いが。

しかし、これだけの体調で何か悪いところがない訳はない。自分でもよく分かる。

覚悟を決め、名前を呼ばれたから先生の部屋の戸をノックして、重い気持ちで押し開ける。

椅子を勧められる。「まず血圧を測ろう」と先生は血圧計のベルトを僕の腕に嵌め、空気を入れる。

聴診器が当てられる。先生と目を合わさないように遠くを見る。血圧は正常、まずまず安心。

と、その束の間、先生は厳しい顔になって僕を見て、現在の酒量を質問された。

21 

今現在までの酒量の事を正直に話したところ、「飲み過ぎで、数値が異常に高い、

それに夜中の睡眠薬と酒は絶対に良くない。これはストップすること。」

僕の先生はお酒が好きな先生で、数値が高くとも止めろとはいつも言わない、良い先生だ。

何故なら先生の数値の方が僕より悪いからだ。

いつも先生の数値と比較して、止めずに済んでいるが、

今回ももちろん止めろとは言わないが「1杯ほどにしなさい」。

そして夜中は睡眠薬だけ。お酒は駄目。

しかし、もっと怖いのが、糖が出ている故、食事の制限が出た。

その食事療法の冊子も貰った。

その冊子を見ると、僕の嫌いな物のオンパレードではないか。

これからどうやって生きていこう。頭の中が茫然となった。

22

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33128073

断酒離(だんしゅり) 2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿