人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30






« 絵の本を作る P65 P66 夏 | メイン | ロボット君 1 »

2015年2月13日 (金)

嫌い 2 「足入れの良い靴」

僕の足の幅は「Dサイズ」(細い!)故、日本で丁度良い幅の靴を探せない。

一生この国では無理だと思う。

この国では足入れが良い、つまり靴を床に置き、そのままスポッと履けるのが良い物とされるのだろうか。

靴は生産段階で木型を抜く時は捻りながら抜く。

同様に靴を履く時も、靴に足を捻り入れるように靴を傾けて履かねばならない。

女性の場合、例えばプレーンパンプスで床に置いて、そのまま履いたら、歩いていてスポスポ脱げてしまうことだろう。

やはり、これも文化の違いか、飛行場でよく見る光景だが、

西洋のキャビンアテンダントの靴の履き方は歩いていて抜けずにきちんと履いているが、

東洋のキャビンアテンダントは靴の踵が歩く都度脱げて履いている人を見掛ける。

これは見た目に良くない。僕は嫌いであり、ちゃんとした靴の履き方を学んで欲しい。

2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33123745

嫌い 2 「足入れの良い靴」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿