人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  






« 嫌い 2 「足入れの良い靴」 | メイン | 絵の本を作る 67P 68P ヨットハーバー »

2015年2月16日 (月)

ロボット君 1

お掃除ロボット君が来た。名は「ルンバ」と言う。

僕は彼が元居た家で仕事をしているのを見て、よく知っている。

そこは大きな家で、彼が動き易いよう床に置いてある椅子、小型のテーブルは

大テーブルやソファーの上に乗せられ、彼は大きな広間を自由に、縦横無尽に動き回っていた。

1時間半くらい仕事して、充電器の所に1人で行き、充電していた。

仕事中は緑のパイロットランプが点灯し、充電中はまるでお腹を空かした子供が何かを飲んでいるかのように

赤のパイロットランプを点滅させている。何となく可愛い。

そして突然止まると「ルンバを元の位置に移動して下さい」とか何とか言って、御主人に指示を与える。

階段から落ちないが、溝に嵌まって動けなくなることもある。

次からは溝に落ちないように、板のバリケードが作られていた。

そして、彼が元居たそこの家が大改装するから要らない、と

そのルンバのことをよく知っている僕の所にもらわれて来た。

1_4

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/33123843

ロボット君 1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿