人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30






« 2014年1月 | メイン | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

帽子

1_3

僕は帽子が好きである。しかし最近あまり被らない。何故だろう。

キャップもボールハット、ソフトに通常の帽子、夏用にパナマ等。

しかしどうしたのだろう。被るのをストップした。

キャップ等は家で洗濯出来るからよいけど、きちんとした帽子をどのようにクリーニング出来るか・・・。

ボルサリーノは買うまではよいが、汗染みが付いたらどうしよう、等と考え込んでしまった。

あるお洒落な人に聞いたら、ある銀座の老舗(しにせ)が

洗濯し木型に入れ、プレスしてくれる、と聞いたのでまずは安心。

次に帽子を被るのが嫌なのは、今の人々の阿弥陀(あみだ)被りである。

とかと言って、自分もそのように被ると、自分のプライドが許さない。

とにかく被る時は、オープンエアーの乗り物に乗る時である。

まずバイク(自転車)は、キャップ(鍔(つば)の小さい物)の上にヘルメット、

オープンカーは、夏は鍔の大きいキャップ、冬になると耳の保温カバーが付いた物。

もっと寒くなると、皮で中に毛皮がついた、昔の飛行機乗りが被るような物、

または中国で買った、耳から全て毛皮でカバー出来る物、等々。

帽子はきっと中性的な魅力を醸し出すのかもしれない。

男の子か女の子か分かり辛い。それが根本かもしれない。

2

 

例えば、女の子が帽子を被り、昔のサンローラン風サファリにパンタロンを合わせると

男のような女のような、中性的な魅力が醸し出せる。

でも、やはり帽子の阿弥陀被りをしないで、きちんと被ってもらいたい。

女性は小さい帽子を被る時は、可愛いハットピンで髪に留める。

男は風の強い日は、帽子に付いているボタン付き細紐を外し、

ジャケットの襟のボタンホールに留め、風に飛ばされないようにきちんと帽子を被り街を歩いて欲しい。 

 

3

---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年2月26日 (水)

さっそろそろ帰ろうか

誰を誘っても、「今日は忙しい」とか「先約がある」とか。

故、一人ぼっちだ。何を食べよう、何を飲もう、何か買って家で食べるか?

でもせっかく外に居るのだから、何か・・・。

やはりいつものキャフェで軽く食べて飲んで帰ろう。時間が早いせいか、店は空いている。

摘まみ(つまみ)にオリーブを頼み、黒とグリーンを混ぜてもらう。

もちろん種入りの物。赤ワインでそれを食べる。

そして種に歯応えを感じ、上手に種に付いた実を、舌と歯で剥がす。そして種を出す。

瀬戸物の中を転がる種。まだ実が付いている。次はもっと上手に、等と一人だと考える。

ギャルソンが近づいて来て「何を召し上がりますか」と聞く。

そうだ、オムレツにしよう。中身がトロトロの。そして今日はパンで締めよう。

中身がトロトロのオムレツ、まだ出来立ては熱い。舌の上を蕩けるように滑っていく。

ギャルソンがやって来て、ワインを注ぐ。「いかがですか、トロ味は?」

「うん、旨いョ」と返事をする。

どうも、いつものように会話が進まない。どうしたんだろう。

ギャルソンがやって来て「今日はどうなされたのですか?」と聞く。

「いや、何も無い。普通だョ」

「背中に淋しさを感じますが・・・」

いや、ちょっと寒いのかな。風邪引く前に帰るか。エスプレッソといつものオードヴィを注文する。

エスプレッソをキュッと飲んで、オードヴィもいつもより早く飲んだ。

心配そうに見るギャルソンに、勘定を頼む。お金を払い、受け取った釣銭をテーブルに置き

男は「さっ、そろそろ帰ろうか」「ありがとう」と言って去った。

何となく淋しい、虚しい一時であった。 

Photo

---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年2月24日 (月)

宮川港 白黒とカラー

僕が好きな絵を描く場所、宮川港。

今日は徒(いたずら)に、まず白黒で描いてみて、次にカラーで描いた。

天気の良い日で海風がゆるく、スーッとイーゼルの間を抜けていく。

太陽が出ているから、絵の具の乾きも早い。

何故白黒の絵を描いたかというと、白黒用のパレットを作ったから。

そのパレットを広げると、チャイニーズホワイト(白)とアイボリーブラック(黒)、

そしてグレイオブグレイ(灰色)しかない。

白と黒を混ぜればグレイになるが、あえてグレイオブグレイを入れた。

そしてそのパレットには他の色は無い。

他の色をちょっとポイントで使う時は、他の色が一杯の別のパレットから取るのだ。

白と黒の世界、いかがですか?

ポイントに船底の色の青と赤、帆の青の色を入れてみました。

次の絵が同じ場所をカラーで描いた物です。

130615

2013年6月15日 宮川港 漁船白黒(透明水彩 788mm×545mm)

 

1306151

2013年6月15日 宮川港 漁船1(透明水彩 788mm×545mm)


---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年2月21日 (金)

細い男の子 1

この細い男の子は、身長170cmちょっとと体重40kg強、

太ももは40cmを切り、手首周りは13cmを切っているだろう。

何故細い男の子・女の子が好きなのだろう。

僕の描く被写体は、絵を描き始めた時から細い。

故、細い子が自分の前を通り過ぎる時、何か仕事をしていても、頭を上げ、目が彼を追い掛ける。

これだけ長い間「細い」を追い掛けていると、反射神経で思わず見てしまう。

まぁ、ファッションモデルもそうだけど、服が生きてくる。また、何でも着られて似合ってしまう。

この男の子が、もし着物を着たら、さぞかし綺麗だろう。

1

---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年2月19日 (水)

綺麗なポーズ 2

洋服ってぶら下がっていると、ただの布切れのように見えるが

いざ人が着ると、このように様変わりする。

首を傾け、首元に手、肩から流れる肘、

逆の手を後ろに引き、引いたことによる腰の動き、そして

左右の脚の、重心を掛けた軸足と、広げた片一方の脚。

ニットカーディガンに白いTシャツ、そしてティアードスカートが動く。

これは何とも言えない美の世界だ。

見とれてないで

2_2

早くまたデッサンをしないと。

---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年2月17日 (月)

思い掛けない出会い その4「いいちこパックの底」

僕は毎晩、紙パックの25度の焼酎「いいちこ」のお湯割を3杯飲む。

飲み終わり捨てる時はキャップを外し、洗って乾かしたら

切って平たくして捨てていたが、その切る前に・・・ハッと気が付いた。

下の底を厚さ5~6cmで切る。その四角い箱はもちろんコーティングしてあるし

もちろんお酒が入っていたので濡れない。

故、僕は墨で絵を描く時に使用する。

アトリエで絵を描く時、例えば黒で画面を塗り潰したい時、墨を使用するのだが

その紙箱に墨を入れ、少し水で薄め、太い筆に漬けて描くのである。

そして描き終わったら捨てればよい。

底の部分はこのように使用するが、上の部分は残念ながら僕はまだ使用出来ていない。

もしアクリルの絵の具を使用する人なら、パレットになるのだが残念である。

また何か良いことを考え、使い道を探そうと思う。

4---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年2月14日 (金)

CAFE DE DIANA GALERIE 更新情報 Vol.051

鍵井保秀氏 アート展示

ダイアナ原宿店 2階 「CAFE DE DIANA GALERIE」にて

2/14(金)~3/12(水) 11:00~20:00 展示致します。

※最終日は17:00までの展示となります。

------------------------------------------------------------------------------------

京都府生まれ

神戸学院大学経済学部卒

1987~90 フリーのイラストレーターとして関西を中心に活動

◆個展

2010,11,12 Cafe De Diana(東京)

2007,08,09,13 Gallery-58(東京)

2013 Steps Gallery(東京)

1998,2001,02,05 Galleria Grafica.bis(東京)

2003,04,05,06,07,08,09,10 Gallery HOT(大阪)

2002,03,04,05,06,07,08,09,10,13 Caelum Gallery(New York)

・・・等

◆グループ展

2004,05,06,07,08,09,10,12,13 日本建築美術工芸教会 建築会館(東京)

2001,02,03 豊科近代美術館(長野)

・・・等

2004,07,08,09,10,11,12 オペラ舞台美術

2009,10,11,12 バレエ舞台美術

・・・等

Photo

------------------------------------------------------------------------------------

ゆったりと心を休ませたいときは、

「カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー」にお立ち寄り下さい。

展示作品は一般から随時募集された新鮮な絵画たち。

香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画が

ほっとする空間を醸し出します。

------------------------------------------------------------------------------------

【Address】

東京都渋谷区神宮前1-8-6

ダイアナ原宿店 2階

Cddmap_3

------------------------------------------------------------------------------------

【アーティスト募集】

プロ・アマを問わずアートを志す方に、

ダイアナ原宿店2F カフェ ド ディアナ ギャラリーを

展示会場としてご利用いただけます。

詳しくは販売促進課「カフェギャラリー係」(TEL:03-3479-8010)まで

お尋ねください。

2014年2月12日 (水)

ブログを書く

昨年の末に、僕のブログの書き方と周りの人の大変さを書いたが、今回は書く時の大変さを書こう。

数ブログを書いたら、その後の片付けが大変。

ブログは文が先か絵が先か、それはバラバラだが、そのブログに合う絵を探す為に

絵のファイルは散らばっているし、万年筆、修正の為の赤鉛筆・赤ボールペン、

チェックする為の鉛筆、絵の無い時描く為のパレット・水・筆・雑巾、全て点在している。

そしてコーヒーカップの中には冷めたコーヒーが残り、灰皿は一杯になり、

空気清浄機はこれ見よがしに騒いでいるし、鋏(はさみ)、小刀、万年筆のインク壷、

ティッシュペーパー、糊(のり)、両面テープ、ポストイット、細かい字を見る為の虫眼鏡。

僕は結構、一挙に1ブログを書くので、スピードを増す為に分からない漢字はカタカナで書く。

そのカタカナを漢字に直すのに辞典が山積みになる。

外来語辞典、日本語大辞典、国語辞典、字は割と大きいのだが、

難しい漢字は細かいので、すぐ作業中どこかにやるので

革紐で首から吊るした虫眼鏡を使用する。

修正は赤ボールペン、赤鉛筆、その修正は楽しい。

自分に「えっ、こんな漢字知らないの?」とか、

「えっ、こんなに難しい漢字なの。だったら( )で振り仮名を付けよう」とか・・・。

というように、書くことを楽しんでいる。

今も、書く為に座っているソファーの、クッションの上に積んである書類が

お腹に滑り落ちてきた。

このような状態、これが終わったら片付けが大変だ。辞典も足に落ちそうだ。

小刀と鋏は常に鞘(さや)に入れるようにしている。

足にでも落ちたら大変だ。

さて終わろうか。まだこのブログの絵が無い。ブログに載る頃、絵も追い着くだろう。

Photo_2

---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年2月10日 (月)

書生生活 2

朝の掃除が始まる。暫くしてお勝手から、まな板の上で何かを刻む包丁の音が聞こえる。

この音が朝の雀達の鳴き声と、綺麗に調和しているから不思議だ。

当時は、お勝手には「男が入ってはならない」と言われていた。

中を覗けば、水道の蛇口と洗い場、調理台、ガス、そして周りには食器棚。

お勝手の中央には蝿(はえ)取り紙(蝿を取るための細長い紙

蝿が止まると付いて離れないように薬液を塗った長い紙) 

2_1

が天井からぶら下がり、床は糠漬(ぬかづけ)等を入れる為に嵌め込み(はめこみ)の床板になっていた。

食事を終え、さて学校に行く時間だ。ご主人様に挨拶をして出掛ける。

学校では、ぽつぽつモダンな洋服の子供が居たけど、

まだ絣(かすり)の着物に帯、風呂敷に学業道具を包んで、下駄を履いて行く。

本人は何とも思わなかった。

学校から帰ってからは、厚い木の箱で出来た冷蔵庫に入れる氷を買わないと。

自転車の後ろに氷を積んだリアカーを引いた氷売りが来ると、走って掴まえる。

氷を大きな鋸(のこぎり)で切ってもらい、冷蔵庫の上の段に入れてもらう。

氷は透明で、それを通して覗いてみると、向こうの景色はまるで遠い昔のことが見え広がるようだ。

でも今を・・・生きねば。

夏などは鋸から飛ぶ氷の冷たさを楽しみ、光によって出来る虹に感動する。

夏は午前と午後と氷を入れ替えた。。

その氷が、木箱の冷蔵庫の中の空気の温度を下げ、冷気が下に行き、箱の中が冷えるのである。

 

2_2

次に大事な仕事は、豆腐屋の笛の音を聞き逃さない事。いつも決まった時間そして音色だった。

書生はその音色が「トーフゥー」と不思議に耳に聞こえた。

「しまった、行ってしまう」 下駄を履き、追い掛ける。

慌て過ぎて、豆腐を入れて帰る器を持って来るのを忘れて、いつも怒られていた。

急いで入れる器を取りに帰り、下駄を揃えず玄関で脱ぎ家に上がると、

必ず奥様に「お里が知れますよ、履物を揃えなさい」と注意を受けた。

そのような細かな仕事は書生が行い、その家は他の使用人も数人居て、作業場の畳に寝泊りしていた。

とにかく、その家は多くの人が出入りして賑わっていた。本当に一日が過ぎるのが「アッ」と言う間であった。

 

---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年2月 7日 (金)

トレンチ されどトレンチ

「そこはかとなく」とまではいかないが、その女性は淋しさがある。

哀愁を秘める後ろ姿・・・。

汽車の汽笛が駅の構内に響き渡る。伴って車輪の動く音、白い煙、場内アナウンス、

荷を積んだ荷馬車の鉄の輪の転がり軋(きし)む音、人々の話す声、笑い、涙、出会い、別れ、

駅の中の色々な音が混ざる協奏曲が構内を木霊(こだま)する中の情景であるが、

そこにトレンチを着た女性の後ろ姿。

沢山の荷物、トランクの上に脚を置き、何を待っているのだろう。

そして何を思っているのだろう。

汽車の時間、待ち合わせの誰か、肩のベルトに帽子を挟み、洒落ている。

2

トレンチは前にも話した通り、軍物である。それがアレンジされてファッションになってきた。永遠の定番アイテムだろう。

そしてこの絵のように物語を感じさせるコートの1アイテム。

だが、他のコートはこれほど物を語れないだろう。

トレンチにはやはりブーツかな。

この人はこの寒い時に、誰とどこへ行くのだろう。

または一人で、声を掛けるにも何と言ったら良いのだろう。

女性は煙草に火を点ける。もし火が無かったら、さっと僕のライターを差し伸べるのに。

彼女は箱に入ったマッチで火を点けた。トレンチに煙草もよく似合う。

さて、この女性の前をちらっと見ながら通り過ぎることにしよう。

もう僕の汽車の時間だ。「さよなら 哀愁のカサブランカ」。

Photo

---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)