人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    






« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

ヒッピー(Hippie) イッピー

「ヒッピー」とは、既成の社会体制・文化・習慣などから抜け出し、

自分の好むままに生きることを信条とする人々。

1967年頃から、まずアメリカに現れ、世界的に影響を及ぼした。(講談社 日本語大辞典より)

「イッピー」とは仏語読みである。

1966年にビートルズが来日し、ファッションが変わったし、自由な時代が来たような気がする。

ウッドストックという野外コンサートがあったり、髪を長くしTシャツにメッセージがプリントされ、

ベルボトムジーンズの裾を引き摺り街を歩く。

少し後の時代に「ラブ&ピース」とジョン・レノンとオノ・ヨーコが言っていたなぁ。

自由だったのか何だったのかよく分からないけど、時代が動いたような気がする。

これを書いている僕は、社会体制・文化・習慣などから抜け出し・・・の方が当てはまるような気がする。

新聞も読まないし、テレビも無いし、ましてPCも、そしてスマートフォンも、

携帯電話は辛うじて持っているが、何も連絡は無い。

音楽を聴く機械も無いし、本当に世界の機械に追い付いていってない。

早く言えば、今の人から見れば原始人ではないであろうか?

または、現代のヒッピー・イッピーかも。

Photo_3

 

---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年1月29日 (水)

宮川港

絵の仲間とよく描きに行く所、三浦半島の宮川港だ。必ず車を相乗りして行く。

確かバスが1日数本しかない。

小さい漁港だが、奥にはヨットハーバーもあり、小さな小さな山もあり、もちろん海も綺麗だし、岩場もある。

小さい中に全てが揃っている。

僕はもちろん、仲間も絵を描くのが目的だが、もう1つの楽しみは「まるよし食堂」での昼食である。

鮪(まぐろ)丼の他、海の幸が一杯。僕はいつも、お腹を一杯にすると午後描けないので、ラーメンを食べる。

そのラーメンに乗っている昆布が、新鮮な海の香りがして旨い。

通常昆布等残してしまうのだが、全部食べてしまう。

昼食後、午後の2時、このような文章を書いていても、今でも食べたくなる。

この絵の右側の建物が「まるよし食堂」だ。分かり難いけど・・・。

1306152

2013年6月15日 宮川港2 (透明水彩 788mm×545mm)

とにかく旨い。どうも「花より団子」だ。

もし三浦半島に車で行った時、ナビで調べて行ってみて下さい。

入口が急な坂ですが、これは恐いと思わず車で突っ込んで行って下さい。

ちょっと細い道を下ると、そこからは海が広がって、時間帯によっては沢山の漁船が見られる。

下り切った所が「まるよし食堂」。ではお楽しみ下さい。

1306153

2013年6月15日 宮川港 漁船3 (透明水彩 788mm×545mm)


---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」】

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年1月27日 (月)

ちゅんちゅんおばさん

自転車隊[僕がバイク(自転車)乗りを楽しむ仲間達]と

朝食に旨いカレーパンを食べに行こうと、飯田橋近くのパン屋に向かった。

着いてがっかりしたのは、日曜日はお店がお休みであった。

調べてから行かないのもいけないのだが。

店の前で暫く休んでいると、向こうから雀の鳴き声が聞こえてきた。

何羽も居る。その鳴き声が凄い。

声の方を見ると、一人の年輩の女性を取り囲んで、電線に止まったり、地面を突っついたり、大騒ぎ。

その年輩の女性が近づいて来た。何と、お米の入った袋に手を突っ込み、蒔いているではないですか。

まるで結婚式のライスシャワーのようだ。

そのお米を目当てに雀達が集まってきている。

僕らの前を通り過ぎる、凄い数の雀に圧倒される。そして鳴き声も・・・。

早朝だから、寝ている人が目を覚ますのではないかと心配になる。

そして僕らは通り過ぎ去って行く年輩の女性の背中を見ながら、

そして雀の鳴き声がフェイドアウトしていくのを聞きながら、

口をポカーンと開けて、見えなくなるまで、ただ茫然としていた。

そこのパン屋を紹介してくれた知人にそのことを話したら、

その人は「ちゅんちゅんおばさん」と呼ばれていて、有名だそうだ。

Photo

---------------------------------------------------------

 【僕の絵「キッチン(厨房)の常設展のお知らせ」

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休) 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

 

2014年1月24日 (金)

僕の絵「キッチン(厨房)」の常設展のお知らせ

期間:2014年2月1日から4月26日まで

展示会場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

 

僕の絵の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回も、あのイタリアンレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://www.vigorenet.com/

(月曜日定休)

 

121202

2012年12月2日 厨房 ガスレンジ (透明水彩 545mm×788mm)

2014年1月22日 (水)

掃き掃きおじさん

早朝より、家の周りを掃除していると

ラジオ体操をしに行く人、いつも同じ仲間と一緒に同じ時間に挨拶しながら通過して行く人が居る。

また、朝ジョギングをしている人も、同様に同じ時間に走り去って行く。

ここ数年「掃き掃きおじさん」と名付けた人が居る。

大きなビニール袋を持ち、箒(ほうき)と塵取りを持ち、遠くの方からずっと掃きながらやって来る。

僕の縄張りは挨拶しながら通過し、また掃き掃きを続ける。

塵取りに枯葉が溜まると、ビニール袋にざっとあけ、また掃除を続ける。

会う度にビニール袋が一杯になっている。

秋は予備のビニール袋を腰からぶら下げている。

近所の人は、その掃き掃きおじさんを、

赤塚不二夫の漫画「天才バカボン」に登場した「レレレのおじさん」と呼ぶ人も居る。

しかしそのような昔の漫画の登場人物(キャラクター)を知っていると、

歳が分かってしまうかもしれない。

※「レレレのおじさん」は、いつも浴衣を着て、箒(ほうき)で道を掃いているだけの役割の人。

Photo_2

2014年1月20日 (月)

サルウェルパンツ進化論

前にも書いたが、どこの国の民族衣装か忘れてしまったが・・・。

さて、このサルウェルパンツは、リフォームしたのか、

デニムのスカートに布地を縫い付け、下をパンツ状にしたもの。

器用なのか、誰かに作ってもらったのか、それともどこかで売っていたのを買ったのか。

1

ダイナミックなフォルムだ。見ていると圧倒されてしまう。

どうしたのか聞いてみたいが、迫力で聞くことを躊躇させるようなパンツだ。

このように大胆にファッションを表現してくれると楽しくなる。

さぁ、長い脚を大きく開いて、街を闊歩してもらいたい。本当に楽しい。

2

2014年1月17日 (金)

綺麗なポーズ その1

最近やたらと持ち物が増えて、バッグを持ち、進化した携帯電話を見ながら歩き、

耳栓までして、外の音が聞こえなくて大丈夫なのだろうか。

信号待ちでも、バッグを「よいしょ」と腕に掛け、俯(うつむ)き加減で小型の機械を見、

耳栓で音を聞く。そのコード先の機械はどこにあるのだろうか?

信号待ちの間は、反対側の店のショーウインドウに映る

自分の着ている服を見て直す人等、見掛けなくなった。

たまには機械に心を奪われないで、自分の着こなしでもガラスに映して見て欲しい。どうだろうか?

白のワンピースに首周り・裾周りに綺麗な色の透け感のある布をあしらった服を着てポーズ。

やはり、何も持たない方がシンプルで綺麗。

まァ小型のハンドバッグは持っているのだろう。

さて、どこへ行くのだろうか・・・。

1_2

2014年1月15日 (水)

CAFE DE DIANA GALERIE 更新情報 Vol.050

樋口 仁一 氏 アート展示

ダイアナ原宿店 2階 「CAFE DE DIANA GALERIE」にて

1/16(木)~2/13(木) 11:00~20:00 展示致します。

※最終日は17:00までの展示となります。

------------------------------------------------------------------------------------

【動物たちが主役のポスター展】

今回は1950年代のスカンセン動物園のポスターを中心に

動物たちのカワイイポスターを紹介いたします。

スカンセン野外博物館は1891年スウェーデンで世界で初めての

野外動物園も併設されたアミューズメントパークです。

今回も楽しくて、かわいい、ポスターを集めてみました。

140115 
------------------------------------------------------------------------------------

ゆったりと心を休ませたいときは、

「カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー」にお立ち寄り下さい。

展示作品は一般から随時募集された新鮮な絵画たち。

香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画が

ほっとする空間を醸し出します。

------------------------------------------------------------------------------------

【Address】

東京都渋谷区神宮前1-8-6

ダイアナ原宿店 2階

Cddmap_3

------------------------------------------------------------------------------------

【アーティスト募集】

プロ・アマを問わずアートを志す方に、

ダイアナ原宿店2F カフェ ド ディアナ ギャラリーを

展示会場としてご利用いただけます。

詳しくは販売促進課「カフェギャラリー係」(TEL:03-3479-8010)まで

お尋ねください。

2014年1月13日 (月)

思いがけない出会い その3「紙の筒」

トイレットペーパーを使い切った後に、紙の筒が残る。

僕はそれを数珠の房が痛まないように、数珠房のカバーにしている。

これは便利! その他何か使用できないか、今模索中。

例えば、現場で絵を描いていて、急いで移動する時等

数本の筆をまとめて、筆先を守る為使用するとか、

何か良い使い方はないかと、トイレットペーパーが無くなった時

その紙の筒を眺めながら考えている。

考えが見つからなかったら、ゴミ箱に捨てて、また次の機会の時に考える。

3

2014年1月10日 (金)

書生生活 1

書生とは、前にも書いたけど「同郷の先輩や有力な者の家で

玄関番をしながら勉強する青年」(講談社 日本語大辞典より)。

定かではないが、学業代を出してもらう代わりに、家事等を手伝っている。

明るい内は掃除、その他の仕事である。

朝、太陽の光を感じた時目覚め、雨戸の戸板を戸袋に入れる。

これがまた滑り難く入り難く、1枚目をきちんと戸袋の奥に収めないと

他の戸板がきちんと収まらないのである。

それが終わると、家の廻りの掃き掃除である。

まだ夏はよいのだが、秋は落ち葉が沢山落ちていて、大変に時間が掛かる。

自分の心の中では、箒(ほうき)の掃く風で枯葉が舞うことを楽しんでいるのだが、

朝の次の仕事が待っているから、そうはいかない。

畳掃きは、使ったお茶っ葉を撒いて掃く。水気があって、埃も立たなくて良い。

それが終わったら、戸板の手前の板廊下の水拭き。これは冬の時が冷たくて手が痛い。

そして朝食。ご主人様達とは別の、小さな丸御膳で使用人達と食事を取る。

楽しみの糠漬(ぬかづけ)であるが、胡瓜(きゅうり)に醤油(しょうゆ)を垂らし食するが、

全て食べ終わり、小皿に醤油が少しでも残っていると「もったいない」と怒られた。

故、白湯(さゆ)で薄めて残さず飲む。味噌汁も御飯の茶碗も白湯で溶いて飲み干す。

「もったいない」と言うことと洗い易いのである。

それで食べた食器はお勝手に運ぶのだが、通常は「男は台所に入ってはいけない」と言われていた。

1