人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        






« 思いがけない出会い その2 | メイン | 日本語って難しい その2 »

2013年11月25日 (月)

ジャパネスク

5

何年ごろのファッションだったか分からないが、確かにあった。

三省堂の現代外来語辞典で調べると、確かに

「ジャパネスク・ファッション(Japanesque Fashion)

日本の着物や色柄を主題にして、日本調を濃厚に打ち出したファッション」

と記されている。

1_3

ジャケットに帯をベルト代わりにしてみる。そして帯止めに草履・・・。

しかし、草履も鼻緒サンダルと言ってしまえば変身するな。

2_5

例えば黒のドレスに紫の帯を締める。鼻緒サンダルを履くなど綺麗だ。

3

後ろはしっかりと帯を締める。このような組み合わせで外国人のパーティーに行ったら

注目の的だろうなァ。

4

黒地に金文字が一杯書いてある羽織りをドレスの上に着る。

日本のドットの靴下にパンプス。ちょっとしたパーティーにもってこいだ。

ファッションって、ちょっとしたアイデアで個性を生み出す。

これは着る人のアイデア。ファッションを自分でいじくると楽しくなってくる。



6

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/31630295

ジャパネスクを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿