人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  






« サマードレス | メイン | 暑い »

2012年7月23日 (月)

古着三昧

古着屋は大好きだ。

色々な所に行って、中には出入り禁止になった店もあるが

最終的にお気に入りは1店舗に絞り込まれ、

週1回位はそこを覗く。

先日は「出来立て」のアイリッシュリネンを使った

スカイブルーのジャケットを買った。

何故「出来立て」かと言うと、

店主がウォッシュを掛け、

皺々でポケットの中がまだ濡れて乾いていない、

と言う状態の「出来立て」である。

その皺感に惚れて買って、家で今干している。

このネップ(小さな粒々が不規則に入った繊維の節)が出ている

皺々のアイリッシュリネンのジャケットに

そこで買ったアイボリーの牛革のジレ。

そして白のパンツを合わせて夏を過ごそう、と思っている。

もう1つおまけに、考えた末に買った物が

タキシードの側章が入っているパンツである。

しかし、そのタキシードパンツを履いてみると、短い。

その時の店に行った僕の服が

「501」に白のソックスであったから、

黒パンツから白ソックスが見えて、

まるで脚がマイケル・ジャクソンのようであった。

このパンツの余りの短さには、しばし考えることにした。

家に戻り、ずっと考えていたが、やはり欲しい。

再度古着屋に向かう。

まず裾の内側の折り返し部分をチェック。

僕はこのタキシードパンツを

このままの長さではもちろん穿きたくない。

踝くらいの短さがベストである。

7cmくらい余裕がある。それをギリギリまで伸ばし、裾を纏る。

するとそこには以前からの裾の折り目線が残るから

古着屋に頼んで一回ウォッシュを掛け、皺々のまま持って来てもらう。

そうすると多少は前の裾の折り目線が消えるのではないかと思う。

その出来上がったパンツにプレスを掛けるのであるが、

通常のように線が入ったプレスにするか、

線の無いデニムのように、平らにプレスを掛けるか、

出来上がる1週間いろいろと考えて楽しんでいる。

さてそのパンツ、それもタキシードの・・・。

これをどのように合わせるかと言うと、

白のシャツの上に黒のブルゾン、そして

白のソックスにエナメルや白黒の靴である。

またはレペットの黒ラメにしようか・・・。

すごく楽しみ。

そうだとすると、パンツは平らで

プレスのラインを前に入れない方かな。

楽しみだ。

Photo_4

----------------------------------------------------------------------------------

◆僕の絵「色の世界」 常設展のお知らせ

期間:6月1日から9月末くらいまで

展示場:リストランテ「VIGORE」(ヴィゴーレ)

僕の展示は、いつも美味しい物がある所。

今回は、イタリアレストラン。

レストランだから、お茶だけでは駄目。

ぜひイタリアの味をお楽しみ下さい。

いつものように「花より団子」だと思う。

詳しくは下記をチェック。

・VIGORE

http://vigorenet.com

(月曜日定休日)

7_2_4

2011年10月8日 赤の世界(トマトと赤い椅子) (透明水彩 545mm×788mm)

 

そして、どうもありがとう

クニエダ ヤスエさん、佐藤 明さん。

この絵は、天国で仲良くして居る御二人へのお礼です。

本当に、どうもありがとう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/27501257

古着三昧を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿