人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    






« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

今年のクールビズ 2012

クールビズが始まった頃は、ただネクタイを外すだけでは

ネクタイに隠されていたお腹が丸見えになるとか、

次の年はシャツがだんだんブラウス感覚になってきた、等と言っていたな。

その次の年は、外は暑いが室内・車内では僕は寒いので、

サマーセーターが活躍してきて、

次の年は、もうヴァカンス感覚だと言ってきたが、

今年はどうかな。

昔などクーラーが無い時、扇風機が回り

男達は開襟シャツをズボンから出す、と言うスタイルだった。

今、開襟シャツをクリーニング屋に出すと

首元のボタンを上まで閉めたようにプレスして折ってくるくらいだから

開襟シャツと言っても分からない人もいるだろうな。

アロハのような襟のことを言うのです。

さて、日本の夏は節電で、普通の人なら暑いだろう。

暑い国の人がよく履いている巻きスカートはどうだろう。

2012_1

女の子がタンクトップに男のシャツを着て、

ユニセックスで涼しそうなのだから、

2012_2

男が巻きスカートでも良いのではないだろうか。

男がスカート?って言うかも知れないが、

着物はタイトなドレスではないか?

2012_3

と言えばそうかも知れない。

また、ベルボトム、フレアーパンツは

下から風が入るし、ダボダボして涼しい。

いかがですか?

2012_4

暑い時は、国会でも開襟シャツにバミューダー、

会社で男は巻きスカートやベルボトム、

下から風が入りクールです。

それに、冷たい空気は下に行くから丁度良い。

今年のクールビズは、「熱帯感覚」とでも言っておこうかな。

ラフな民族衣装は涼しい。

まるでハワイの正装であるアロハのように。

どうなるのかな、今年の夏。

ユニセックスファッションなんて言われたら

どうなるのだろう。

2012_5

2012年4月27日 (金)

ネクタイケース

仕事でタイを締めた日の夜、

食事をしなくてはいけない時。

いけないと言うより、仲間等と食事、という時

ネクタイを外す。

何故かと言うと、食べるのが上手でない僕は

飛ばしたりこぼしたりするからだ。

もちろんセルヴィエット(ナプキン)があるから

それらは防御出来るが、

ネクタイや蝶ネクタイに飛ばしては、目も当てられない。

シルク物はクリーニングされることを嫌がる。

だから、気心の知れた人との場合は外す。

今日の話は、その食べ方への対応ではなく

ネクタイを何処に仕舞うか、だ。

よく見掛けるのは、手持ちのバッグ、上着のポケット等であるが

僕の場合は旅行用の、一本タイを仕舞う

長方形の軽いケースを常にバッグの中に持っている。

そのケースの中には、プラスティックの板が入っていて

その板にタイを巻き、そのケースに入れるだけ。

だからポケットやバッグに入れて

シルクが皺になるようなことはない。

これは長年使っているから、僕にとっては重宝品なのだろう。

これを見て、知人が同じような物を買っていた。

Photo

2012年4月25日 (水)

旅 2

突然の旅が好きで、今日は金沢まで来てしまった。

絵の具は車の小さいトランクに押し込んで

朝六時に家を出た。

車に乗ると、どうも急ぎの虫が働いて

トイレ休憩と軽い朝食を取る時しか止まらない。

金沢まで約6時間、ただひたすら走るのである。

僕の運転は違反速度で走るわけではない。

昔は・・・。

今は、三車線の高速では、中央の走行車線を走り

前に遅い車があれば、右のサイドミラーを見て後方を確認し、

ウインカーを出して追越車線に移り、加速しその車を追い抜く。

そしてまた左のサイドミラーで確認し、ウインカーを出して走行車線に戻る。

昔は追越車線を好んで走行していた。

何故このようになったかと言うと、

ある時緊急車両の運転技術指導員である知人が、僕の車に同乗して

「君は運転していて疲れないか?」と言った。

彼は、前に書いた

走行車線を走り、車線変更し、追越し、また元に戻ることを勧めてくれた。

追越車線ばかり走っていると、バックミラーを気にする。

速い車が来たら、退かなくてはならない。

故、常にバックミラーに注意し、追越車線から退くため

サイドミラーを見て左に入り、また戻るためにサイドミラー。

急ぐ旅でなければ、のんびり走行車線を走れば

注意の回数も減り、疲れない。

僕はなるほど、と思い、その時からこの快適ドライブを実践している。

110711

2012年4月23日 (月)

シック・カジュアル 4

大人がどことなくカジュアルな若いスタイルをする。

まずは恥ずかしいなどと思ってはいけない。

その服を大人の色でまとめれば良いし、素材の質を上げても良い。

ティアードスカートだって・・・

4_1

このように大人のシックカジュアル。

大きなシャツの胸元を開け、ウエストでギュッと締める。

そしていっぱいのアクセサリー。

子供には真似の出来ない大人のカジュアル。

4_2

例えば動作も、スカートをちょっと手でまとめただけで

大人の振りになる。決してフレンチカンカンではない。

大人なりのシックさと洋服のカジュアル表現。

4_3

暑いので上着を脱ぐポーズも、

脚を広げてポーズするには、子供ではしっくりこない。

日本では大人があまり目立たない。

原宿村に居るせいか、子供ばかりが目立つ。

銀座は外国からの観光客がいっぱい。

やはり、ちょっと大人の街にしていかないと。

とは言え、子供が大人の格好をしても上手くはいかない。

シックと言うのは大人の言葉。

以前の日本で言う「エレガントカジュアル」と言うのとは

逆の言葉の組み合わせ。

若い人が何となくエレガント・・・。

とは言うものの、エレガントの無い国にエレガントと言う言葉が使えるのだろうか。

だから僕はシックと言う言葉に変えた。

さて、今日も街へ出よう。

皆が振り返るようなスタイルで。

信号待ちはポーズの時。

さぁ、今日のキャフェではどんな人に会えるだろうか。

4_4

2012年4月20日 (金)

クールビズの後遺症

1

昨年は節電等あり、暑い夏だった。

クールビズは、毎朝の洋服選びが楽で

シャツにパンツ、そして綿靴下にローファーで良かった。

シャツ等は洗いざらしをこよなく愛した。

そろそろクールビズに「さよなら」を言う、昨年の10月の話である。

代理で、ある会合に出なくてはいけなくなって、

それも着席昼食会である。

やはりこれにはスーツを着て行かねば、と

一週間前より何を着るか迷い

前日にスーツだけは決まった。

しかし当日、コーディネートする

シャツ、ネクタイ、ポケットチーフ、靴下選びにもの凄く手こずった。

まず、ワイシャツを選んだが、

それはカフスをしないといけないワイシャツだったことに気づき、

そのカフス選びが急なことで困った。

僕は手が細いので、以前は着る前にカフスをしてから手を通していたが

久々だったので、着てしまってからカフスを留めるのに苦労し

おまけにブランケットボタンも留めるのに困った。

タイ選びも以前の倍以上の時間を費やした。

タイを締められるか心配だったが

案の定長さ調整で3回締め直し。

ポケットチーフを選ぶのには、

ポケットチーフの入っている引き出しを引っ繰り返して

タイとの相手を選んだ。

ベルトはループ一本通し忘れてしまったり、

ベルトを固定するループにベルトの金具を通すのを忘れたり・・・。

最後は靴下選びにいちばん時間を費やした。

何と言うことだろう。

これはクールビズの後遺症だと思った。

故、今年のクールビズは

僕なりのファッションをもう一度考え直すことを決意した。

2

2012年4月18日 (水)

Cafe de Diana GALLERY 更新情報 Vol.031

Tomoko Sirakura 氏 アート展示

ダイアナ原宿店 2階 「Cafe de Diana GALLERY」にて

4/18(水)~5/22(火) 11:00~20:00 展示致します。

※最終日は17:00までの展示となります。

------------------------------------------------------------------------------------

【プロフィール】Tomoko Sirakura

1985年埼玉県生まれ、福井県出身。京都在住。

学費が足りず美大を諦め、大学では哲学を専攻。

全く絵を描かない生活を送るが、大学卒業と同時に絵が描きたくなり、

2008年よりネット上で作品を公開し始める。

いろいろなものに興味がつきず、

手当たり次第に自分が好きな表現を模索中。

「これだ!」というひとつの表現にこだわるのではなく、

自由にいろんな気持ちを表現していきたいです。

短い人生の中で自分が見たもの、感じたものを

ストレートに表現できるアーティストを目指しています。

作品ホームページ:http://temokogalleary.web.fc2.com/index.htm

【活動】

2009年12月 池袋鈴ん小屋壁面作品展示(一ヶ月)

2010年1月  レストラン 『pink cow』作品展示(一ヶ月)(東京・表参道)

2010年1月  銀座ミレージャギャラリー osyare展出展

2010年2月  SADU 国際交流展出展(東京・ドラードギャラリー)

2010年5月  SADU 選抜展in銀座 出展(ジェイトリップアートギャラリー)

2010年7月  中国展示会「元気が出る四川展 第2期」 出展

2010年8月  「ユニグラバス色紙展」出展(ユニグラバス銀座館)

2010年9月  「アート・イマジネーション展」(NHKふれあいホール)出展

2010年12月  「Happy Smile展」出展(カンボジア)

2011年2月  「ART PROJECT IN LONDON 」出展(ロンドン)

2011年4月  「ユニグラバス小品展」出展(ユニグラバス銀座館)

_3 

------------------------------------------------------------------------------------

ゆったりと心を休ませたいときは、

「カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー」にお立ち寄り下さい。

展示作品は一般から随時募集された新鮮な絵画たち。

香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画が

ほっとする空間を醸し出します。

------------------------------------------------------------------------------------

【Address】

東京都渋谷区神宮前1-8-6

ダイアナ原宿店 2階

Cddmap_3

------------------------------------------------------------------------------------

【アーティスト募集】

プロ・アマを問わずアートを志す方に、

ダイアナ原宿店2F カフェ ド ディアナ ギャラリーを

展示会場としてご利用いただけます。

詳しくは販売促進課「カフェギャラリー係」(TEL:03-3479-8010)まで

お尋ねください。

2012年4月16日 (月)

眼鏡

1

去年くらいから、レンズもガラスも入っていない

眼鏡フレームだけを掛けている若い人をよく見掛ける。

僕も眼鏡は大好きである。

目は近眼である。

しかしそんなに悪い方ではない。

だが、車の免許証は眼鏡使用のレッテルが貼られている。

普段はあまり掛けないが、外で水彩を描く時は

ちょっと度入りの眼鏡を掛ける。

自転車に乗る時は、自転車の色に合わせて、

車の運転時と同じ度数の眼鏡がある。

何故なら、道の小石が見えないと困るからである。

あとトンネルの多い所や、曇り空の時に掛けるクリアーレンズの物がある。

いくつも持っているサングラスにも、すべて度が入っている。

曇りの日、ドライブするためのイエローレンズとか

風防が付いている物とか。

スーツの時などに合うように、紺、赤、グリーン、ベージュ等

普通の眼鏡も持っているが、本当に普段はあまり掛けない。

しかし僕は眼鏡が好きなようだ。

もちろん眼鏡を掛けている女性も好きだ。

掛けている顔と、掛けていない顔とで、美しさを2度楽しめるからだ。

2

しかし眼鏡、随分あるなぁ。

何故好きなんだろう、昔から。

昔、眼が良かった時は、伊達眼鏡を掛けていたな。

要するに、眼鏡を掛けていると

僕みたいな人間でも頭が良く見えるような気がするからかもしれない。

眼鏡達!!

これ以上度が進んだらどうしようかな。

全レンズ変えなんて悲しくなる。

2012年4月13日 (金)

ファッションもコンビニカジュアル その4

便利性から言えば、ライターもだ。

百円ライター等使用しない。

ライターの蓋を開け、そして火を点ける物を使用している

(ジッポではないが)。

月に一回は銀座の菊水さんに行き、タバコとパイプの葉を買い、

ついでにそのガスライターの掃除もお願いしている。

買い物の楽しみの一つである。

今の人はきっとコンビニで、百円ライターで良いのかも知れない。

僕は便利ではないこの一時を楽しむ。

そう言えば愛する車もオートマティックではないし

僕の洋服達も、素材からしてドライクリーニングを頼む。

ましてや冬のウールやツイードは、時間を掛けてブラッシングするし、

そのブラシはカシミア用とウール・ツゥイード用等と別れるから大変だ。

4_1

僕はテレビジョンもパーソナルコンピュータも持たないし、見ないから

このような時間つぶしの不便性を愛しているのだろう。

ファッションはますます便利性を求められる。

一時期は掃除が簡単だから、靴のエナメル素材が売れた時もあったが

エナメルの手入れほど、常にしないと悪くなる。

4_2

はたして、靴の掃除を常にしている人は居るのだろうか?

不思議な世界だ。

便利性と不便性、これまた面白い。

これから夏の女の子達は、デニムのショートパンツや

4_3

ティアードスカート、

4_4

気楽な帽子を被ればOK。

2012年4月11日 (水)

ご祝儀袋の利用法

結婚式のご祝儀袋をどう処分するのか聞かれた。

豪華な封筒達。中にお金はもちろん入っていない。

広げてみると、もの凄い枚数の綺麗な紙。

金粉を塗してある。赤や緑の紙。和紙だとか、皺加工がしてある物。

ある人が言うには、1年ほど持っていて

後で神社で燃やしてもらう、とか、色々な説がある。

僕はお願いして全てもらった。紙質を指で味わいたいからだ。

以前、「メモ用紙の作り方

(記事:2011年5月18日『リフォーム族8 ~メモ用紙の作り方』)

を書いたが、

それと同様に、揃えて同じ大きさのメモ用紙を作成した。

ご祝儀袋は、1つ1つ大きさも違う故、端切れの細い紙も

それはそれでまとめて、僕のメモ用紙作りの方法で糊付けをした。

今、その素晴らしい紙にメモをして、毎日を楽しんでいる。

和紙だから、ある時は筆で、ある時は太字の万年筆で、

ある時は水性ペンで。

実に何種類もあって、一枚一枚違うので

紙を触る指の感触を楽しんでいる。

最近は、結婚式の出席が少なくなってきている。

もし、ご祝儀袋を処理したいと思っている人、

是非僕に下さい。

大事にメモ用紙を作り、

その一枚一枚を指で触る感触を楽しんでいたい。

ちなみに、端切れとなった細いメモ用紙は

ポストイット嫌いの僕にとってその代わりとなり、

ちゃんと糊付けして使用している。

目印になる出っ張りが、色々な紙質と色で楽しい。

Photo_2  

【結婚式のドレス。あまり見掛けなくなった。】

2012年4月 9日 (月)

幅広パンツはカッコイイ

1_2

昔はセーラーパンツ。次にベルボトム。

次にフレアーパンツ。その後バギーパンツ、と

名前が変わっていったような気がする。

背広と言う従来男の上下だったものが、

サンローランによって黒の女性のスーツとなって現れた時には驚いた。

男の背広のような物が、こんなに女らしくエレガントになるのだと・・・。

2_2

しばらくして、男の背広も少々裾幅が広がった。

今また昔風・・・いや今風の幅広パンツが出て来た。

昔はヒップボーンと言っていたのが

今ではローライズと言って、腰で履くフレアーパンツ、

それからウエストマークのパンツ

3_2

と色々出て来たが、どうも僕の持っている物とはシルエットが違う。

でも勇気を出して、そろそろ僕も穿いてみようかな。

とにかくこの幅広パンツは、脚が長く見える。

上にはタイトな物から、サンローランぽくサファリも良いかな。

さぁ皆さんもパンツを楽しんで下さい。

外へ出る前に靴を履いて、鏡の前で振り向いて

自分の後ろ姿を見て下さい。

「脚長族」の仲間入りです。

4