人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    






« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

やはりデニムかなぁ

春、綿のジャケットの袖を捲り、

デニムのベストにデニムのミニティアードスカート、

ニーハイソックスにやはりサンダル厚底。

デニムって色々変化し、面白いし、可愛い。

001

デニムで忘れてはいけないのが、上物の王様Gジャン。

それに胸当て付きワンピース。

裾からもう一枚のスカート。レイヤードだ。

この娘の可愛い着こなしは、デニムのガーターを足にはめている。

002

お洒落って、ほんのちょっとの気遣いがオリジナリティーを出す。

そして大事なアイテム、デニムシャツ。

男物のように大きなデニムシャツを腰で縛り、

柔らかなティアードスカート。

やはり、ハードな物に柔らかな物の組み合わせは

より女の子らしさを出す。

僕は好きだなぁ。

003

2011年3月28日 (月)

リフォーム族 5

アトリエで仕事をしている女の子のお母様が裁縫名人で、

切れた黒のデニムの数ヶ所を

裏から赤布で当て布し、赤糸でミシンをかけてもらった。

パンツの裾も擦れてボロボロになっていたので

赤のリボンテープでテープ取り、

おまけに前ボタンのホールも切れていたので

赤いテープで補強してもらった。

ダメージデニムが流行していた時、洋服屋に行ったら

「どこの製品か」と聞かれた。

5

黒のデニムの破けた所から赤布がチラチラ見え、裾も赤いテープ。

可愛い。

ボタンのテープも・・・。トイレに行くのが楽しくなる。

しかし本当に長年着た古いデニムなので

洗濯の度に穴が開くか切れてくる。

またお願いしに行きたくなってきた。

2011年3月25日 (金)

靴にまつわる不思議な言葉 4 ~市革・一革・位置革

長い年月、ジュルダン社やロベールクレジュリー社と

仕事をしていたので、

日本の工場で生産される靴を見て驚いた。

靴の後ろに穴が開いている!!

そして踵の上の部分に

隣にまたがり革が掛かっている。

4_1

これは初めて見ると驚くな・・・。

これを疑問に思い、聞いて回ること一年。

まず隣にまたがる革を「いちかわ」と言う。

どのような漢字を書くのかと問うと

「市革・一革・位置革」と三つあるそうだ。

「市革」は不明であるが、

「一革」は、昔後ろの縫い目が裂けないように

一枚の革を当てた、それが数字の「1」のようだから「一革」。

4_2

なるほど。

さて、「位置革」は、

この踵の位置決めは靴を作るにあたり重要なところで

ずれるとトップラインからトゥのラインまで崩れてくる。

故、海外だとサイドから革を出し

木型に打ち付け、ズレ防止をするのだが、

日本では踵の後ろに釘打ちして、より強化した。

なるほど、海外の靴よりも安心である。

さらに今までは

一枚の革を縫い目に付け押さえしていた物を、

奇麗に見せるために、丸く飾りのように縫い目をまたいで

小さい裂け防止に改良した。

4_1_2

これが日本の靴の特長である。

プライスタグを付けるために穴を開けるのではなく、

靴のラインをより安定させるための穴であり、

この位置が重要で、「位置革」と言う。

さて、まだはっきりしたことが言えないで申し訳ないのだが、

文献・その他に載っていない

靴にまつわる不思議な言葉である。

2011年3月23日 (水)

隙間風

僕は家に居ると、必ず外に面している戸を少し開ける。

雨の日も風の日も。

雨の日等は、跳ね返りが入らないように板で防ぐ。

春夏秋冬、旅のホテルでも。

閉め切りだと息が詰まるような気がする。

春は南風の音がピューピュー、ではなく

キィーンというジェット戦闘機の音。

『キィーン バサバオ

キィーン バサバサ

キィーン バサバオ

キィーン バサバサ

冬の奴らを吹き飛ばせ

冬の奴らを吹き飛ばせ』

Photo

宮沢賢治の「風の又三郎」をちょっと真似して書いてみた。

これはどうも僕だけのようだ。

知人達と旅をすると、いつの間にか戸を閉められてしまう。

なんか空気が淀む気がする。

クーラー、暖房を付けている時も

人に「もったいない」と言われるけど、これは長年の習慣。

まァ、習慣と言うのは敢えて変える必要もない。

今日も隙間風と共に部屋に入る音を楽しんでいる。

2011年3月21日 (月)

脱ぐ

5

春が近付き、暖かくなって来た。

何となく上に着ている物を脱ぎたくなってくる。

その脱いでいるところをデッサンしてみた。

まず、スプリングコートを脱ぐ。

4_2

ショートパンツの男の子。セーターを脱ぐのだが

何故か上で絡まる。

3

さて脱ぐか、と気合を入れてカーディガンを脱ごうとする男の子。

2

スウェット上下の男の子。後ろから脱ごうとしている。

1

人って面白い。

見ていると、それぞれ違いがあり、変化に富んでいる。

その瞬時を描くのだから大変だけど、

やはりお洒落って動作から生まれて来る。

被る、巻く、着る、羽織る、等々。

その一つ一つの動作がファッションなのです。

2011年3月18日 (金)

Cafe de Diana GALLERY 更新情報 Vol.019

青木陽子氏 アート展示

ダイアナ原宿店 2階 「Cafe de Diana GALLERY」にて

3/18(金)~4/19(火) 展示致します。

※通常は11:00~20:00 (最終日は17:00まで)の展示時間となりますが、

 ダイアナ原宿店の営業時間短縮等により、変更になる場合がございます。

 ご了承ください。

------------------------------------------------------------------------------------

YOHKO AOKI Profile

1981年  東京都出身

2004年  武蔵野美術大学卒業

2004年~2006年  アデックス株式会社

(デザイン事務所・ハウススタジオ運営)勤務

2006年~現在  御茶の水美術専門学校講師

2007年 5月  トムスサンドウィッチにて個展

2007年 11月  カフェ・ド・ディアナ ギャラリーにて個展

2008年 5月  Infinite Unity in Berlin 2008出展

2008年 8月  Infinite Unity in NY 2008出展

2008年 8月  トムスサンドウィッチにて個展

2008年 10月  カフェ・ド・ディアナ ギャラリーにて個展

2009年 1月  トムスサンドウィッチにて個展

HP 
http://www.yohkoaoki.com/

2 1

------------------------------------------------------------------------------------

ゆったりと心を休ませたいときは、

「カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー」にお立ち寄り下さい。

展示作品は一般から随時募集された新鮮な絵画たち。

香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画が

ほっとする空間を醸し出します。

------------------------------------------------------------------------------------

【Address】

東京都渋谷区神宮前1-8-6

ダイアナ原宿店 2階

Cddmap_14

------------------------------------------------------------------------------------

【アーティスト募集】

プロ・アマを問わずアートを志す方に、

ダイアナ原宿店2F カフェ ド ディアナ ギャラリーを

展示会場としてご利用いただけます。

詳しくは販売促進課「カフェギャラリー係」(TEL:03-3479-8010)まで

お尋ねください。

2011年3月16日 (水)

サイクリスト 2 「エッ落車」

自転車には落車が付き物である。

昔からチームに入る新しいメンバーは、落車の講義から始まる。

まず左側に転ぶこと。

右側に転ぶと、車に轢かれる恐れがあるからだ。

次にハンドルから手を離さないこと。

ハンドルは乗る人の肩幅に合わせてあるので

ハンドルがカバーしてくれる訳である。

とにかく、落車は必ずある。

もちろん僕も落車の経験がある。

一回目は道路の溝に前輪を取られて。

二回目は下りから上りに掛けてのギアチェンジミスで

チェーンが外れて空回りをし落車。

三回目は止まっていて、ペダルを外せず落車。これは空しかった。

さて、レースの落車は恐ろしい。

いつも僕は心配していなくてはいけなかった。

救急車のサイレンの音を聞くと、今でも「ゾッ」とする。

Photo_2

2009年10月11日 サイクリスト2 エッ落車? (透明水彩 788mm×545mm)

2011年3月14日 (月)

テルーススタイル 19

ウエッジヒール。

フランス語で「コンパンセ」という。

このサンダルの太いベルトには

この重厚なウエッジが良く合う。

夏のロングのティアードスカートや

ハギがいっぱい入ったロングスカートにピッタリ。

ウエッジは底がつながっているので、安定して履き易い。

お洒落が楽しくなってくる。

花柄の綿のロングスカートも悪くない。

このサンダルを履いて、色の綺麗な服を着て街を楽しくして欲しい。

19

2011年3月11日 (金)

リフォーム族 4

カラー無しの丸襟。前ボタンのスウェットと同素材のスカート。

そのスーツの全ての縁に

リボンテープをミシンで縫ってトリミングした娘が居る。

襟刳り、ボタン部分、ポケットの縁、

もちろんジャケットの裾、スカートの裾。

そのスーツを着て、首からアクセサリーを思いっきりぶら下げ、

手首にもアクセサリーだらけ。

これでもかと言うくらい。

そして頭にターバンを巻く。

よく見るとボタンまで金キラ金。

夜暗い所で見たら、どこか高級ブランド。

驚かされるな。

4

まァ、「リフォーム族」は洋服に限らない。

昔の四角いデリカをキャンピングカーにリフォームした知人も居たな。

また、身近なリフォーム、と言えば

額くらいの庭をいつもいじって四季折々の花を咲かせ、

またいじっている人。

やはり「スウェット族」も「またぎ族」も

何か改良をしているのかも知れない。

この春の街のファッションが楽しみだ。

2011年3月 9日 (水)

今年は何を着よう

今年は何を着ようかな。

でも、昨年と違って、何も買う気が起きないなァ。

昨年は「ジャケットはカーディガン感覚」と言って

ギンガムチェックや水玉のジャケットを買ったが、

今年もそれで充分に過ごせる。

ミリタリーやサファリジャケットも僕の定番である。

何も新しい物が出て来ないし、思い浮かばない。

かと言って、高い物がファッションであるとは限らない。

相変わらずいつもの古着屋に行って

何か探すかな、という感じ。

誰か教えて下さいな。何がファッションでしょう。

ファッションを雑誌でなく、機械で見るのが流行っている

とは聞くけど、

僕はそんな物には何の興味も無い。

頭を抱えてしまう。ファッション・・・。

Photo