人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  






« バスムッサン | メイン | エマニュエル »

2010年12月22日 (水)

ギャルソン 3

暮れが近付くと不思議な催し物がある。

ファッションの集い等と僕は思っていたが、

お洒落して集まり食事をする。

しかし僕は立食が苦手で、早々に引き上げるのが常だ。

背の高い女の子、スカートの裾にフラフープのような物が入っていて

両手でその端を持ち、ミニスカート。

3_7 

片手を離すとミモレ。

3_6

両手を離すとロングドレス。

3_5

不思議な服。

そこへギャルソンがやって来た。

3_4

しかし女性である。

ギャルソンは男の子を言うので、女性形にするため

後ろにeを付けると「ギャルソンヌ」。

しかしこれは「男おんな」の意味であまり良くない。

「ギャルソネ」はいかがかな。

それは女の子が男の子のように振る舞うことを言う。

その美しいギャルソネは側にやって来て

「不思議な夜にようこそ。何かお飲み物を」。

シャツを胸まで開け、カマバンドに黒のロングの前掛け、それにブーツ。

飲み物を取り、礼を言うと

「時間を楽しくするのは貴方自身ですよ」。

と笑いながら去って行った。

さて、次の細い男の子。

3_3

白のスーツに、素肌に黒いメタルの沢山付いた上着に

バレーのチュチュが下に付いている。

それをパンツの上にレイヤード。

不思議な世界。でも可愛い。

3_2

2008年秋冬のトムブラウンのコレクションに

パンツの上にスカートを履いたのがあったなぁ。

夜の服と言うのは、絶対に太陽の下では着られない。

でも人を驚かせ、感動させる物。

僕は早々に帰るけど、きっとパーティーの後

夜中のキャフェに繰り出して行くのだろう。

帰ろうとすると、片肩だけのデニムのショートパンツのジャンプスーツ。

その上から、フワフワ毛の長いショールの女の子が入って来た。

3_1

さっきのギャルソネがやって来て

「もうお帰りですか」と僕に問う。

「もうおねむの時間だから」と言うと

笑いながら「せっかく素敵な洋服をお召しですから

もっと皆に見せてあげればよろしいのに」。

僕は微笑みを浮かべて礼を言い

出口に向かった。

3_8

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337968/24012355

ギャルソン 3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿