人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    






« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

丹沢ダム

丹沢のダムの絵。

ダムなんて描くのは僕にとって珍しい。

ただただ紅葉が描きたくて、実は

名前は忘れたが丹沢湖にある蕎麦が食べたくて・・・。

いけない、いけない。いつも食べ物の方に行ってしまう。

しかし、「花より団子」という言葉通り

僕の個展を年に一回、トムスサンドウィッチで行うが

見に来る仲間達はどうも「花より団子」で

僕の絵より、サンドウィッチの方に魅力を感じているようだ。

丹沢湖は人造湖で、ヴィリジャン色をした湖だ。

春の山桜、秋の紅葉は奇麗だから、是非お試しあれ。

Photo

2009/11/15 丹沢ダム  (透明水彩 545mm×788mm)

2010年9月27日 (月)

街から町へ(小さな都会) 1

東京は、銀座・渋谷・新宿・池袋等、大きな街がある。

これほど大きい街で構成されている都会は

少ないのでは、と思う。

巴里なんてセーヌ川を挟んで

シャンゼリゼ・サントノーレ・マドレーヌ、

左岸がサンジェルマン・サンミッシェル、という感じかな。

今はもっと小さな町が出来ているかも知れない。

東京の原宿も町だった。

セントラルアパートを中心に、

古着屋とミルク・ヴィオロン・マデゥモアゼルノンノン。

ピザ屋にドンキーのコーヒー屋に、あとは中田の天ぷら屋、等々。

町というのは、古着屋さんからスタートするような気がする。

古着屋ができ、若者が集まり、軽食屋ができ・・・。

そしてどこからか人が集まり、

打合せをする場を中心に大きくなってくる。

セントラルアパートの一階に「レオン」という喫茶店があり、

いつも長髪にTシャツにフレアーパンツの人々で一杯だった。

そのレオンの上のアパートには

横文字肩書きの人々が仕事をしていた。

Photo_5

2010年9月24日 (金)

テルーススタイル 16

秋はやはりお洒落がしたい。

この白黒の素材はよく分からない。

展示会の時にちゃんと聞けばよかったのだが、

写真は撮らなくてはいけないし、他にも仕事があったので

聞きそびれてしまった。

パンプスは後ろに革でギャザーを寄せて、すごく奇麗だ。

また、セパレートしたパンプス?いや、サンダルと言うのか不明であるが

甲の部分を縛る靴だ。

質の良さが醸し出すデザインだ。

16

2010年9月22日 (水)

今年の秋冬欲しい物 3

女の子が履いていた、底がゴム引きになっている綿のショートブーツ。

これは絵を描く秋に必要な気がした。

春、夏、秋はスニーカーで良いのだが、

やはり寒い時が困る。

全ゴムの山用のショートブーツと乗馬ブーツは持っている。

そして極寒の時、毛皮ブーツ、その中に厚地の靴下を履くのだが

秋には上と下のバランスが合わない。

前から探しているのだが、綿で底がビブラムでも良いが

爪先とかかとがゴムでガードしてある物。

探せばあるだろうが、まだその気にならない。

今ある物を履けば良いかな、と思ってしまう。

このような僕の気持ちが

ファッション購買意欲を減少させる根源になってはいけないし、

しかし綿だと春先も履けるし、等と考えたり、

ファッションって大変なんだなァ。

何か新しい物を作らないといけないからネ。

ちなみに昨年冬買ったシャツは、裏全部にTシャツ地が縫われていて、

暖かで最高だった。

考えた人は寒がりの人なのだろう。グッドアイディア!!

3

2010年9月20日 (月)

ファッションから離れると・・・

ファッションから離れると、ファッションが見えてくる。

昔は新しい素材に触れれば、夢は膨らみ、

良い素材を見れば心は和み、

それに伴う材料に巡り会えば、最高の満足が得られ、

物を作り出す人生であった。

しかし本当に離れてしまうと、何と素材が無限大に広がってくる。

何故なら、今までは手に触れるものと言えば

ファッションの世界の物だけでしかなかったが、

今は触れる物・見る物全てが、ライフスタイルの素材となるからだ。

楽しくてしょうがない。

絵を描く時、新しい色と巡り会え、

ロードに乗れば、クロモリ・カーボン・チタンに触れ、

車に乗れば、風の色を見ることが出来る。

また、時間を変えるだけで

朝日が昇る時の色、家の影になる色・・・。

ファッションって不思議だ。

中に居ると「ファッション族」になるだけかも。

今の僕はもっと広い世界に居る

ファッションイージーライダーのような気がする。

Photo_4

2010年9月17日 (金)

ノーフォークジャケット

だいぶ前に、

今年はサファリ・ミリタリーファッション、でも僕は

それらは昔から着飽きたのでノーフォークジャケットを着る、と書いた。

その時は「シャーロックホームズが着るような」と書いたが、

絵にするとこうなる。

3

つまり、ツウィードのシングルジャケットに共布でベルトが付いている。

時々僕は革ベルトに付け替えて着ることがある。

この方がギュッと締まり、今の時代に合っている。

そして共布で誂えたハンティング帽子。

これで今年は、サファリ・ミリタリーに対抗出来るかな?

ある時はブーツに合わせたりもする。

2

この服は基本的に、街では着ない。

狩用の服なので、山等に行く時に着用する。

あとはゴルフに行く時かな。

とは言え、僕はゴルフはしないので

知人達がゴルフをしている間、絵を描いている。

食事の時に合流すれば良いことだ。

さて、この服に合うコートが「インバネス」。

袖無しケープ付きロングコート、別名「トンビ」とも言う。

1

これを着て狩猟用の鞭を持てば、ホームズとなってしまう。

「さて、ワトソン君。出掛ける時間だ」と言って

ベーカー街13番地のアパートから出て行くのであった。

2010年9月15日 (水)

白黒漁港

これは、よく行く千葉の白浜の乙浜漁港だ。

実はこの漁港近くにある「わたなべ」という定食屋は旨い。

僕はあなご天丼をいつも食べる。

東京から恐ろしいアクアラインを通り(僕はトンネルが苦手だ)、

外に出るとホッとし、息が吸える!!

それから館山まで高速を使う。

本当に昔に比べると便利になった。

おっと、これは食べ物の話とか高速道路の話ではなく、

絵の話をしなくてはいけない。

この構図は前に色で描いたが、

白黒の顔等を描いていたら、風景も白黒で描きたくなった。

白黒のみで出来上がった絵を見たら、

あまりにも淋しかったので、舟のテント部分と海に

少々のグリーンを加えたところ、生き返った。

自分でも気に入りの一つだ。

Photo_2

2009/10/31 乙浜漁港  (透明水彩 788mm×545mm)

2010年9月13日 (月)

テルーススタイル 15

フランス語で「Tストラップ」のことを「サロメ」と言う。

なるほど、このサンダルは前から見るとTのベルト、

つまり「サロメ」であり、その甲のベルト部分に

スウェードで花のような飾りが付いて美しい。

美しい物を見ると、ついついテルーススタイルに載せたくなる。

しかし写真が上手でないのが残念。

これも前回紹介した秋サンダルの一部なのであろうか。

美しい靴だ。

15

2010年9月10日 (金)

夏にさよならする時

もうそろそろ、

夏に「さよなら」を言わなくてはいけない時がやって来た。

ボーダーのニットに、

これはウエストがきちんと押さえられているデカパン。

バギーかなァ(最近は分からなくなってきた)。

首から真珠のネックレスをいっぱい重ねて

ウエストには黒と金のベルト。

黒のプレーンパンプスも四角のトゥで新鮮。

やはり夜だからファーのコート。

お洒落って暑さ・寒さなんか関係なく

その人が着たい時に着る物。

このような自由が生まれると、本当に作る方が大変だ。

今年の秋は何でも来い、かな。

しばらくローライズでお腹を気にしなくなっていたが、

最近ようやくジャストウエストのパンツとか

ウエストをギュッと締めている人を見かけるようになった。

ファッションが変わるのには、あと2年は掛かりそう。

Photo_3

2010年9月 8日 (水)

今年の秋冬欲しい物 2

大きめな手袋。裏が毛付き。

さて、手袋はいっぱい持っているが、全て手にジャストフィットサイズ。

つまり手袋を買う時は、手袋屋に行き

手袋のショーケースの上に肘を付け

手袋屋に自分の手の平を見せることから始まる。

そして、手袋屋が僕の希望の色・素材の物を持って来る。

やはり相手はプロであるから、

僕の手を見た瞬間にサイズが分かり

サイズ二つくらい持って来る。

どちらかがピッタリとくるが、今回の僕の希望は大きいこと。

何故かと言うと、ピッタリは寒いのだ。

故、邪道ではあるが、手よりも大きい物が欲しいから

いつもの手袋屋には行かず、山人道具屋に行こうと思う。

そして、薄い手袋と二重にしたら、より暖かい。

まさか野球のグローブとはいかないまでも

ほどほどのバランスの取れた大きさの手袋が望ましい。

実はこれは、ある極寒の冬の日

ロード(自転車)に乗る時、コンビニで薄い白の手袋を買い

ロードの長手袋の下に二重に着けたら

スピードを出しても耐えることが出来たからだ。

2