人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30






« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

土着族 8

しかし、この土着度は凄い。

_08

昨年も綺麗なタイシルクの大判のショールを腰に巻いた男の子を見たけど、

土着色ってなかなか色で表現出来ない。

やはり、今年も海で発見。

編んだような帽子、この絵の具の色よりグレー、いや、やはり

砂色と言った方が良いのかな?

シャツをお腹まで開き、土着色の腰巻。

どうやら巻き物が土着度を増加させるようだ。

気温も湿度も高い夏には一番。

しかし、街には出られないが、まだ土のある町は歩けるかも・・・。

2010年7月28日 (水)

「土着族」を書いていると、どうも土が気になる。

「スウェット族」は夏も一日中家に居るわけではないだろう。

公園の大きい木の陰で

ベンチに座り転寝するのも良いだろうな。

どこかでサンドウィッチを買い、のんびりと公園で過ごす。

そこには木々があり土がある。

やはり人は土着に居心地を感じるのだろう。

今年の秋の色はトープ。

これはフランス語で「もぐら」の意味。

つまり土の中に住むもぐら、土の色に同化したもぐら色。

山に行って畑の側にモッコリ土が盛り上がっている所を発見したら

それはもぐらの巣である。

昼はこの男の子のように穴の中で

昼寝を楽しんでいるのだろう。

たっぷりとした長袖シャツにカーキのスウェットパンツ。

このカーキ色ももぐら色と相性が良い。

やはり、木々や土に混ざる色だからであろう。

今年の秋もファッションが楽しみだ。

ちなみに、「もぐら」という漢字は

Photo

このような難しい字だ。

Photo_2

2010年7月26日 (月)

ジージャン

ジージャンという言葉は、辞典には出ていなかった。

ジーパンジャンパーの略かな?

しかし今はジーパンというより「デニム」と

皆から呼ばれるようになったから

「デージャン」の方が良いのだろうか。

夏、タンクトップやTシャツでは

ちょっと涼しさを感じる日等

カーディガン感覚でジージャン(やはり「ジー」と呼ぶ)を羽織る。

衿を立て、この細い娘は上手にマリンしている。

ブルーのジージャンに、白のスカート。

そして白のロングホーズ(ロングソックス)にブルーの靴、

色を揃えるお洒落は大変だ。

やはり探すのも大変だと思う。

さて、白のソックスは新鮮だ。

僕は今日もデニムに白ソックス。

今年の夏は、誰に何と言われようと

白ソックスを履こう。

Photo_3

2010年7月23日 (金)

夏のドルマンボーダー

久しく見なかったドルマンスリーブ。

何と言うか、専門家でないから上手に言えないけど

アームホールがものすごくタップリしている服。

秋冬のジャケットだと、アームホールから袖付けになるけど、

肩に袖付けせず、肩から袖が続いている。

辞典で調べると、「深い袖ぐりで、袖口へかけてすぼまっている」と

記してあったが、表現しにくい服だ。

でも涼しそう。デニムのショートパンツに合わせていた。

やはり夏はこのスタイルが一番かな?

でもちゃんとマリンスタイルだ。

街と言うのは、木々の緑で影を作り涼しさを呼び、

ファッションで色付いていくと信じて止まない。

グレーのビル・アスファルトの世界に、この娘は目立っていた。

Photo_4

2010年7月21日 (水)

ドカパンマリン

6月頃にデカパンが登場。

その太さに驚いたけど、今日も街で発見。

薄い綿のピーコートにボーダーシャツ。

そしてウエストをベルトでギュッと締めた

ダーツもタックも入っていないようなデカパン。

前回にも書いたけど、デカパンと言うより

二本の土管という感じだから、「ドカパン」と僕は名付けた。

今年はサファリジャケットにバギー。

七十年代のサンローランと思っていたけど、

若い人は面白いアレンジをする。

だからファッションは楽しい。

靴は男の子の履く紐縛りの短靴に白のソックス。

これも新鮮。

白のソックスってマリンファッションに合うのかも。

やはり、青い海、青い空、白い雲、白いヨットの帆、という感じかな。

僕も夏は白のソックスかな。

Photo_5

2010年7月19日 (月)

土着族 7

土着ファッションとは言え、

オーバーオールは、米国かなァ。

どうも東洋の太陽の光と土色とは違うようだ。

でも、もう片一方のベルトを外してラフさを出している。

でもこの男の子、「脚長族」に入れたいくらい脚が長い。

画用紙からはみ出してしまう。

これは困った。「脚長族」か「土着族」か。

まァ、とりあえず

カントリーファッション。

シャツが古着っぽくヨレヨレで感じも良い。

今年の秋、この男の子が

フレアーかバギーを履いてくれたら拍手喝采なのだが

また会えることを楽しみに。

_07

2010年7月16日 (金)

文化の違い

日本の若い子って、バッシュにしても紐靴にしても

紐をルーズに締める子が多い。

外国のファッション誌ではあまり見掛けない。

最近はビジネススーツに紐の革短靴を履いている人が多いが

昔はスポッと履ける靴が

仕事履きではほとんどだったような気がする。

それは、日本の家では靴を脱ぐ習慣だからであろう。

昔、ロベール・クレジュリーが家に来た時

「先に上がっていて。ちょっと買い物してくるから」と言って外に出て、

戻ったら、何と家に居たのは良いが

ソファーに靴を履いたまま座っていた。

トニー・キャレルもまったくその通りだったな。

あの大柄の外人が

日本の天井の低い家で靴を履いていたら「ギョッ」とする。

日本は習慣で脱ぎ履きしやすいように

ルーズに紐を締めるのかなァ。

僕は残念でならない。

Photo_2

2010年7月14日 (水)

白いソックス

白いソックスが

今僕にとって新鮮である。

学生時代、Gパンに合わせて

白いソックスにコインローファーを履いていた。

頭の中は白しか考えられなかった。

最近は休みの日等、ちょっと街へ出る時は

デニム(あえてGパンとは言わず)に白ソックス、

コインローファーというスタイル。

ちょっと恥ずかしいけど・・・。

というのも、垢抜けないファッションかな? とちょっと感じて

自信が無いのである。

でも自分で言うのも変だが、可愛らしさもある。

Photo_6

デニムの裾を捲り上げ、わざと白ソックスが見えるように。

この感じって土着感も充分あるかな?

皆さんは最近履いていますか? デニムに白ソックス。

もちろん踝にブランドマークは入っていません。

2010年7月12日 (月)

サイクリスト

これはレース後のサイクリストの絵だ。

顔に泥が撥ねて真っ黒。おまけに陽に焼けている。

キャップ(帽子)の上にサングラスを乗せて

胸に手でヘルメットを持っている。

なかなか力強い青年を描いた。

スポーツをしている人を描くのは初めて。

難しいものがある。

力強く描くと

いつもの雰囲気が失われそう。

少し甘く優しさを残して描いたつもり。

Photo

2009年7月26日 サイクリスト (透明水彩 788mm×545mm)

2010年7月 9日 (金)

ガーベラ

僕の周りにはいつもガーベラがある。

あると言うと誤りかな。

ガーベラが好きで、よく飾ってある。

Photo_2

沢山の種類があり、綺麗な色もいっぱい。

以前に絵に描いて、スカーフにもしてもらった。

そのガーベラのスカーフは二枚あり、

一枚はイエロー系、もう一枚がオレンジ系であった。

Photo_3

ある時、イエロー系をイタリア人に見せたら、

ピッツァマルゲリータと言われた。

Photo_4

なるほど、そう言われるとそうかもしれない。

赤いところがトマトか・・・。

ある時、目の手術をして入院している友人のお見舞いに

薄いピンク掛かった白のガーベラを持って行ったら、

あまり良く見えない友人が

「俺はまだ死んでない。白い菊は死んだ時だョ」

と言ってたな。

後で、二人の笑い話だけど、

ガーベラって小さくすると菊のように見える。

まして目の悪い友人にとっては・・・。

本人は今はもう元気で目も治り、

その話を笑いのネタにしている。