人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    






« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

イザベル

帽子を被った、ちょっと淋しい顔のイザベル。

この絵も僕の好きな物の一つ。

何故か偶然に淋しそうな顔になったが、

仏語で言うと「アンニュイ」かな?

いつもは元気で楽しい女の子。

今日は帽子を被ってやって来たので

そのままでポーズを取ってもらった。

珍しく帽子の人を描く。

次回は色々な帽子を被った人を描いてみようかな。

Photo_6

2009年6月29日 イザベル (透明水彩 788mm×545mm)

2010年3月29日 (月)

脚長族 2

2_

パンタロンやバギーパンツの後ろ姿って

本当に脚が長く見える。

パンツの裾は地面でボロボロになっているけど、

とにかく素敵だ。

昨年はブーツインと言って

パンツをブーツの中に入れるファッションだったけど、

脚が一つの筒でストンと地面まで落ちると、長くて綺麗だ。

2__2

二年前から騒がれていたけど

なかなか街で見ることが出来なかった。

七十年代は、誰もが脚長族だった。

そろそろ来るかな?

するとヒールは高くなり、前が厚くなり

出来る限り脚を長く見せる靴が出てくるけど、

お洒落な人はバギーパンツの裾をダブルにして

普通のハイヒールを履いていたっけ。

どれどれ、今年は楽しみだ。

2__3

2010年3月26日 (金)

イタリア料理 その2

十数年前、アーリオ エ オーリオ ペペロンチーノは

イタリア料理でメニューに載っていなかったし、

日本にはその存在すら無かったと思われる。

僕はイタリアでの仕事が終わり、

ミラノのレストラン「バグッダ」に旅行の荷物を運ばせ

アーリオ エ オーリオ ペペロンチーノと大好きなデザートを食べ

車を呼びリナーへ飛ばした。

何故アーリオ エ オーリオ ペペロンチーノは

昔メニューに載っていなかったのだろうか。

それは、ある人は「値段が取れないから」と言っていた。

また、最近他の人に聞いてみると、「これは料理人泣かせの皿である」と言った。

まず、オリーブオイルの質が問われる。

そしてパスタの茹で方も・・・。

ごまかしがきかない。

塩とニンニク、鷹の爪のバランス勝負だ。

ニンニクは焦がし過ぎても駄目だし、水が入りすぎても駄目。

技術を問われるのだという。

しかし、料理のメニューに載っていない物を頼んだ仕返しは、その熱さだ。

僕のように猫舌の上、時間が無い時

いざテーブルに来た物を口に入れると熱い。

しかし旨い。

その時は必ず舌火傷の刑となり、デザートのアイスで冷やしたあと

あのたくさんのバゲージと共に飛行場に向かうのであった。

2

2010年3月24日 (水)

Cafe de Diana GALLERY 更新情報 Vol.008

堀内朗 作品展 「南伊豆のそよ風」

ダイアナ原宿店2階 カフェ ド ディアナ ギャラリー

3/24(水)~4/26(月)

※最終日は17時まで

遠い過去、遠い未来からかわらない記憶は、しあわせを求める心

しあわせな日々を感じたいために、peaceな気持ちで日々を送りたいと思います。

そんな気持ちで描いた絵をお届けいたします。

1956年、福岡県久留米市生まれ、武蔵野美術学園絵画科卒

1991年、南伊豆に移住、山仕事をしつつ、波乗りを楽しみ、

雨の日、休みの日にはキャンバスに向かいます。

空、海の色、ブルーをテーマにオイルでキャンバスに向かいます。

Photo

------------------------------------------------------------------------------------

ゆったりと心を休ませたいときは、

「カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー」にお立ち寄り下さい。

展示作品は一般から随時募集された新鮮な絵画たち。

香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画が

ほっとする空間を醸し出します。

------------------------------------------------------------------------------------

【Address】

東京都渋谷区神宮前1-8-6

ダイアナ原宿店 2階

------------------------------------------------------------------------------------

【アーティスト募集】

プロ・アマを問わずアートを志す方に、

ダイアナ原宿店2F カフェ ド ディアナ ギャラリーを

展示会場としてご利用いただけます。

詳しくは販売促進課「カフェギャラリー係」(TEL:03-3479-8010)まで

お尋ねください。

2010年3月22日 (月)

脚長族 1

今の若い人は脚が長~い。羨ましいくらいだ。

体が柔らかそうな男の子に、

足を大きく開いてポーズしてもらった。

通常だったら、画用紙を縦に使うのに、

横にしないと入らない。スゴイ!!

1

この男の子が履いているパンツはベルボトム。

時代時代で名称が違ってくる。

セーラーパンツ、ラッパズボン、パンタロン、ベルボトム、バギーパンツ。

それぞれ型が違ってくる。

それはその時代のファッション傾向なのかも。

僕が好きなのは、サンローランのスペンサージャケットに

ハイウエストにタックの入ったバギーパンツを合わせ

ハイヒールを履いたスタイル。

あの頃は、皆とても脚が長かった。

確か男の子の靴も5センチから7センチのヒールがあったような気がする。

2010年3月19日 (金)

麻・綿のブーツ

やはり春は軽装になるけど、

この子はブラウスにショールに可愛いスカート。

ウエストを太いベルトでぎゅっと締めて、

それに麻か綿のブーツを履いている。

僕も昨年から男物で探しているけど、出くわしたことが無い。

女性のレースアップした、マニッシュっぽいブーツ姿にうっとり。

Photo_8

女の人は良い、沢山種類があって。

やはり冬の寒い時は、革のブーツでも良いけど

春は綿とか麻が良い。

クラシックな紐縛りか、サイドゴアの綿のブーツも悪くない。

これからのシーズンのファッションも楽しみだ。

しかし、今年の夏はずっと続いている

マリンやサファリを脱皮しないと。

 

2010年3月17日 (水)

テルーススタイル 9

テルースのコレクションで欠かせないのがマニッシュライン。

男っぽい靴。

9

やはりヒールのある方は

タックの入った裾に折り返しのあるバギーパンツにスペンサージャケット。

ヒールの低い方は、ソックスの色で遊びたい。

僕も夏は黒・白エナメルコンビの靴を履く。

合わせる服は、色こそ選ぶが

何でも可。

でも・・・。この靴に

黒地に白のペンシルストライプのダブルのスーツに

黒のストローハットは

ちょっと行き過ぎかな。でも凄くお洒落。

僕の大好きな靴種。

2010年3月15日 (月)

マイケル?

昨年は多くの人を亡くした。

自転車好きの忌野清志郎氏。

RCサクセションのデビューを渋谷公会堂で見たっけ。

同じ音楽家の加藤和彦氏。

あの人はファッションも食・住のセンスも素晴らしかった。

多才であり、刺激を受けた。

名優の森繁久彌氏や女優の南田洋子氏と

思い出を沢山くれたドラマがある。

そしてマイケル・ジャクソン。あの若さで・・・。

僕は彼らの作ってくれた思い出と共に悲しんだ・・・。

夜、大好きな青山に出掛けると

何と黒い帽子、黒の騎馬兵のようなジャケットに

ボリュームのあるパンツ。

沢山のバッチ、白のソックス・・・。

Photo_2

マイケルのファッションスタイルのような子を見つけた。

彼のファンなのであろう。

僕も今年は白のソックスを履いてみようかな。

2010年3月12日 (金)

目が点

驚き!!

この娘の靴は、右がピンクで左がオレンジ、

ストッキングはその逆の色の組み合わせ。

目が点になった。

春らしいピンクのセーターにスカートから出た脚に驚き。

左右別々の色で売っているのか、

同じデザインのピンクとオレンジを2足買って

代わる代わる履いているのか?

今日は左がピンク、明日は左がオレンジ。

なんだか聞いてみたくなる。

もっと不思議なのがストッキングだ。

Photo_9

もう止めよう、深く考えるのは。

頭の中がおかしくなってきた。

これもファッション。これを可愛いと思って見ることが大事だ。

さて、今日はどんな驚きがあるのだろう。

街でこのような変化を見つけて楽しむのが僕は好きだ。

2010年3月10日 (水)

球音を楽しむ日 2

前回も書いたが、応援の鳴物を禁止し

ボールを受ける革のミットの音、

バットがボールを弾き返す音を楽しむ、という一日。

音と言うのは大事だ。

同様に今日も原稿用紙に鉛筆で書く音を楽しんでいる。

巴里の人気(ひとけ)のない石畳を歩く靴音。

時々通る車のライト。

靴音の「コツコツ」が、建物と夜の中に響き渡る。

急に、ゆっくりのコツコツが早くなる。

すると反対側からもう一つの

少し重いコツコツが近付いてくる。

これは男と女の出会いですね。

そのコツコツが止まり、「ボンソワール シェリー」

なんて言って、フランス映画ではないですか。

もちろん今日の日本でたまに見かける、

踵がスポスポ脱げながら靴を履いている人はいないので

あの擦れる雑音は無いのです。

音、色を楽しんでいますか?

たまにはPCに頼らず

鉛筆で書いたその原稿用紙に赤鉛筆で修正。

グレーの鉛筆と赤の美しさ。

修正するのが楽しくなる。

美しい音と言えば、

オートクチュールの洋服の衣擦れの音。

2_3

ひょっとして、歌舞伎・能の世界でも

衣擦れの音が聞こえるかも。

冷たい静かな山の中で描く水彩。

絵の具の付いた刷毛で画用紙にシュッと塗る音。

デッサンの洋服のしわを描く時の凄く早い鉛筆音。

大切なことを忘れてしまいそうな今日。