人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30






« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

イタリア料理 その1

イタリア料理とは。

あるレストランでオーナーシェフと酒を飲みながら交わした会話である。

「イタリア料理とは、家庭料理であり、マンマ(お母さん)の味である。」

だったら、イタリア料理は、自分の家で食するか・・・。

要は、パスタをアルデンテに茹でれば良いのでしょう。

そういえば、巴里で貧しい生活をしていた時

冷蔵庫にはバター、

棚にはパスタとパルミジャーノと塩・砂糖しか無い時があった。

この様な時、登場するのが

伊丹十三氏の「女達よ」のパスタの作り方である。

スパゲッティ アル ブッロの作り方。

まず大鍋に湯を沸かして、そこに塩を入れる。

沸騰したらパスタを入れる。

パスタはイタリア風で言うと、歯でスカッとした固めの茹で方が良い。

それを「アルデンテ」と言う。

アルデンテとは「歯応え」かな?

そのパスタを鍋からザルにあけ、お湯を切る。

パスタの入っていた熱い鍋にバターを入れ、そこへパスタを入れて混ぜる。

これで出来上がり。

それを皿に移し、パルミジャーノを山ほどかけて食する。

ちょっと家に飲み友達がやって来て

夜中に小腹が減った時、作って食べることがあった。

しかし、塩分取りすぎかな。

とにかくあの本は未だに読んでもニヤニヤする。

一冊の本が衣食住を僕に教えてくれた。

イタリア料理は家庭料理である、とは言え

やはりソース等もその家独特の味。

日本の家で作っては、やはり上手にいかないもの。

だからそこへ行く。

シェフは男だから、「パパの味だネ」と言って笑った。

1

2010年1月27日 (水)

球音を楽しむ日 1

今日の原稿書きは、鉛筆を選ぶ。

僕はPCは使用しないので、万年筆か鉛筆である。

万年筆のインクの色は、

ブルーブラック、ターコイズ、茶、紫、ロイヤルブルー、と何色もあり

気分によって選ぶ。

しかし今日は鉛筆、濃さはBである。

何故今日はこの様な選択にこだわるか、と言うと

数年前の六月に実施された「球音を楽しむ日」の事を

書こうと思ったからである。

あの長嶋監督か桑田選手会長からの

「ボールがミットに収まる音、バットがボールを弾き返す音を

楽しんでください」というメッセージ。

応援の鳴物を禁止した。

つまり、ピッチャーの投げるボールが

キャッチャーミットに収まる時の革の音の響き、

ホームランのキーンという破裂音が場内をこだまする。

ショートにボールが飛ぶ、ボールに向かって土を蹴る音、

ショートが一塁へボールを投げる、一塁手が受ける革のファーストミットの音、

ランナーの駆ける土を蹴る音、アンパイアの声。

あとは場内の拍手だけ。

小学校の頃、野球を見に行った時と同じ光景を想像した。

ここで、今日は鉛筆にした理由が分かったでしょう。

四百字詰め原稿用紙に字を書く音。

その鉛筆数本を、鉛筆削りでガリガリ削る音。

消しゴムで文字を消す音。

漢字が分からず、辞典をめくる音。

辞典の紙の指触り。

今、忘れていませんか?

球音を楽しむ日・・・

いいなあ、またやってくれると嬉しい。

1_2

2010年1月25日 (月)

テルーススタイル 5

オープントゥ。前がちょっと開いた靴。

木型のことを言うと、パンプス・サンダルはもちろんそれぞれ違うし

オープントゥも木型が違うことが望ましい。

だってパンプスの木型だと

前の部分が余り気味になってしまうし、

サンダルの木型だと踵のホールド部分ができなくなる。

だから木型と言うのは、

甲の深い物、マニッシュタイプも違うし、ブーツも違う。

故、靴というのはデザインから製造まで

色々な物が必要となってくる。

だから大切にして欲しい。

このオープントゥ、微妙な色の組み合わせが抜群の靴だ。

5

2010年1月22日 (金)

ゆるい靴

テルーススタイルで女性の靴を紹介するのは良いが、

問題は自分だ。

特にローファーはすぐに脱げてしまう。

この前、工場に行ったらスポンジの板をテストでもらった。

この板を自分のローファーの中に切って敷けばぴたっとくる。

厚いソックスを履く時は取ればいい。

僕はセロハンテープで仮止めして使用している。

爪先がきついようだったら

先を切れば良いだけの話。

前にも書いたけど、街で踵がスポスポ脱げて履いている人を

よく見かけるが、靴が大きくなってしまったのだろうか。

そのような時、これで調整出来る。

フェルト布板でも良いかも。

女の人だって、ストッキング・素足・タイツ、と

季節によって変化する。

このような中敷で調整すると脱げが避けられる。

でも、これは敷革の上に置くから

靴を脱ぐと見えてしまうので、

日本間での食事会や日本の家の訪問にはご注意を。

Photo

2010年1月20日 (水)

Cafe de Diana GALLERY 更新情報 Vol.006

1/19(火)~2/18(木)まで、鍵井 保秀展を開催。

<プロフィール>

京都府出身

神戸学院大学 経済学部卒

1987~91年 イラストレーターとして主に関西で活動

1989年~ 画家として個展、グループ展などで発表

2001年~ キャンバスに描いた絵をフィルムにプリントし再構築す

る表現方法を始める

個展) 東京 Gallery - 58,  galleria grafica.bis

    大阪 Gallery H.O.T, Gallery そら, 茶屋町画廊

    New York  CAELUM Gallery

・・・など

Kagii01

Kagii02

Kagii03

Kagii04

------------------------------------------------------------------------------------

ゆったりと心を休ませたいときは、

「カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー」にお立ち寄り下さい。

展示作品は一般から随時募集された新鮮な絵画たち。

香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画が

ほっとする空間を醸し出します。

------------------------------------------------------------------------------------

【Address】

東京都渋谷区神宮前1-8-6

ダイアナ原宿店 2階

------------------------------------------------------------------------------------

【アーティスト募集】

プロ・アマを問わずアートを志す方に、

ダイアナ原宿店2F カフェ ド ディアナ ギャラリーを

展示会場としてご利用いただけます。

詳しくは販売促進課「カフェギャラリー係」(TEL:03-3479-8010)まで

お尋ねください。

2010年1月18日 (月)

ルシアン

ルシアンはいつも笑顔の女性だ。

僕の顔の絵の特徴は「目」。

いつも横を見たり上を見たりしている。

ルシアンは美しい目なのだが、デフォルメさせてもらった。

でもその目の感じが可愛らしさを出しているのかも。

今回は正面から描いたけど、

次回は横顔もね、と頼んだ。

どうなることやら。

Photo_8

2009年9月5日 ルシアン (透明水彩 788mm×545mm)

2010年1月15日 (金)

飽きが来るからファッション

チビジャケも、ダメージも、ウォッシュも

飽きて来たなァ。

これら全てドレスダウン。

チビジャケもアームホールが小さくて着にくい感じがする。

どうせ今年もマリンにサファリにワンピースの組み合わせ。

やや飾り付きでシャープになるくらいだろうし、何も変わらない。

スウェット族は相変わらずスウェット感覚。

何も変化が起こらないだろう。

それならば、今年の自分のテーマは

BCBG(Bon Chic Bon Genre)。

Bon は「良い」、Chicは「粋、洒落ている」、Genreは「趣味・作法」。

これはフランス語だが、最近はあまり使われていない。

男だったら、春のカジュアルは

何年も履いているなんでもないデニムに

カシミアのピンクのセーターに、白のシャツ。

アーガイルのソックスに、ウエストンかフェネストリエの茶ローファー。

普通だけど、最近見ない。

デニムが嫌ならグレーのダブル(日本語)の裾のパンツかな。

女の子も春はピンクのセーターに白いバルーンパンツ。

ポケットがニットと同色で、

靴もソフトなマニッシュのピンク・白のコンビ。

目立たず、控えめでありながら

色で上手にコーディネート。

綺麗な甘い春の色の組み合わせ。

シンプルはベストなのかも。

Photo_3

BCBGって、質の良いミニマリズムかな。

2010年1月13日 (水)

テルーススタイル 4

こんなシマウマのような靴を発見。

4

よくテルースも

シマウマ、象、キリン、虎、豹、ダルメシアン等と靴を作った。

象はその頃は本物を使用でき、大変丈夫で

未だに修理を持って来る人がいる。

あとは亀かな・・・。

亀の靴は鬼ぐりのローヒール。

先日も修理の靴を工場で見た。

未だに愛用して下さっているなんて・・・。

ありがたいことです。

でもこのパンプスはシマウマ靴だと思ったが

少々縞が違う。

プリントのデザインかな?

でも僕は昔からこのような靴が大好きだ。

2010年1月11日 (月)

ズズー

生まれて初めて白黒の絵を描いた。

いつものパレットを使用せず

植木の水受け皿を使用し、

グレー・白・黒の三色を混ぜ合わせる。

これは楽しい。

今度風景でもやってみようかな、と思ってしまう。

そしてイヤリングにちょっと黄色を持ってきた。

これがこの絵の雰囲気を変える色の要素だ。

白黒「ズズー」 結構可愛い。

「ズズー」ってあだ名で、本名は知らない。

Photo_7

2009年10月10日 ズズー (透明水彩 788mm×545mm)

2010年1月 8日 (金)

元祖山姫(またぎ族)

見つけてしまった、山姫スタイル!

毛糸のニット帽子に、ニットワンピース。

毛皮のバッグに、タイツかレギンスの上からハイソックス。

これは暖かい。

そしてラムボアのブーツ。

何となく山の要素が入っている。

いつからこのスタイルがちょっとずつ出てきたのだろうか。

暖かいレイヤード。

Photo_2

山でやるロックフェスあたりだろうか?

最近は山に登ったりする女の子も増えていると聞く。

女性のビーパル化現象か・・・。

まさか今年はテント族なんて出たりなんかして。

不思議な世の中だ。