人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30






« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

ギャラリー ~デッサン5

二人のデッサンも、一人のデッサンも

時間は同じ。

二人の場合、一人描いてその後もう一人、と言う訳ではない。

やはり、からみ合う同一感が大事だ。

だから、一人の顔を描いたらもう一人の顔も描く。

これにより位置関係が生まれる。

1

2

1_2

2_2

3

4

Photo

Photo_2

Photo_3

2009年7月29日 (水)

ブルー×グリーンに白のTシャツ(肌着)

090526_002

僕は夏はブルーにグリーンの組み合わせが好きだ。

青い空の色、又は海の色に、木々のグリーンの組み合わせ。

自然が生んだ涼しい色の合わせ方だと思う。

昨年から白のTシャツ、要は肌着を組み合わせる。

何かプリントされた物より涼しさを感じるし

大人感がある。

白のTシャツはVのカット、丸首。

そしてヘンリーネックを着る。

又、何故プリントを避けるのかと言うと

その部分が風を通さず暑いからだ。

白のTシャツ以外だと、縞々Tシャツが好き。

夏は涼しく自然体が良い。

海の近くのテラスで

ブルーの軽いジャケットにグリーンのパンツ、白のTシャツで歩く男。

090526_001

そして、グリーンからブルーのグラデーションの

何と言うのだろう、ティアードスカート?

歩くとファンファンとなる!涼しげ!!

それに白の男物?のTシャツ。

夏はいいなぁ。

僕はジャケットを着る時

衿を汚さない様に綿のスカーフを巻く。

これまた汗を吸い取って良い。

綿だからハンカチ代わりでいつでも洗える。

でもとっておきは手ぬぐいかな・・・。

2009年7月27日 (月)

デニム

デニム・・・Gパン。今でも着ているよ。

最近はまた、リーバイスの501を買ってしまった。

冗談で「これで最後!! 一生死ぬまで持つな!」

なんて言ってしまった。

接客してくれた人は笑いながら

「まだまだ何本でも」と言ってくれたけど、

いつもの様に履き潰すまでと言ったら、

一本十年は履き続けなければ。

それに僕のデニムと言ったらこればかりではない。

フレアー、ベルボトム、バギー、超細身、と

70年代からの物がまだ現役だから。

僕の年代と言うと、ジェームス・ディーンのデニム姿から、

アンディー・ウォホルのジャケットにデニムのドレスダウンファッション。

とにかくデニムと言うと

便利で、どこにでも気にしないで座れるし、

汚れたら洗えばいいだけ。

簡単なファッションアイテムだけど奥が深い。

0518tl001

さてさて街のオシャレさん。

裸でその上にビチビチのGジャン、それに古着なのか、

自分でリフォームしたのか、ロングのデニムスカート。

後ろのスリットも魅力的だった。

0518tl003

2009年7月24日 (金)

ギャラリー ~デッサン4

デッサンでいつも大事なのは動きだ。

腰のひねり、足を広げたり、体をひねったり。

このポイントをいかにちょっとオーバー気味に、

そして手と足はちょっと大きく。

これがポイントかなァ~。

Photo_2

Photo_3

1

2

3

Photo_4

Photo_5

1_2

2_2

2009年7月22日 (水)

待ち合わせにもスタイル Vol.4

キャフェの重い扉を開けて日に焼け、

健康そうな人が入ってきた。

「おや、荒木さんこんにちは。今年のレースはどうだった?」

「いやぁ、ドクターストップがかかっちゃってね、お恥ずかしい。」

「僕も去年から、調子が悪くて。お互いに気をつけましょう。」

荒木さんはいつものようにニコニコしながら、

席について先に来ていた友人たちと話し始めた。

その後、昔と同じ笑みを浮かべながら彼女が入ってきた。

立って迎えるべきか・・・・・・。

このままでいよう。大袈裟にするにもここは東京。

僕のグラスに残ったビールは少し気が抜けて、

泡が寂しくなってきた。

ビールの泡の向こうに君の笑顔が見える。

昔と変わらない笑顔と話し声。

この何年もの間、別々の二人に何があったのだろう。

取り留めも無い昔話から始まって、

10分間の短くて長い、そして終わりの無い話。

「お互い色々あったんだねぇ」と

ありきたりの台詞がそのストーリーの終止符だった。

「ところで、お腹空いた?」

すると、彼女が「何が好きだったっけ?」

「僕ね、今日雑誌を見て行きたい所があるんだ。

フレンチでもいい?懐かしい味だと思うけど」

僕は笑いながら立ち上がり、

彼女が出やすいようにテーブルを引いた。

「何だ、背が大きくなってないなぁ」

僕の言葉に彼女は

「あたしたち幾つだと思っているの?」

戸口の席に羽田さんがいた。

彼女が出るために戸を左手で開けながら、

「この前、五反田のパーティーは素晴らしかった」

「あっ、どうもどうも。居るのが分からなかった」

軽い会釈とともに、キャフェの外に出る。

「寒くない?」彼女は首を振った。

さぁ、これから長い年月を短縮しないと。

最速で、しかも焦らず優雅に。

だから僕たちは寂しく優美な短距離ランナーかもしれない。

大人の男と女におけるランデヴーのスタイル、

僕はもっと修行しないと。

4

【Fin】

2009年7月20日 (月)

夏の腰巻

夏のプールで一人の男の子が

水着の上から綺麗な布を腰に巻いて立っていた。

何となくエスニックぽく洒落た感じがした。

陽に焼けた肌、細い体、夏を感じる。

さて、僕も真似して

エスニックな腰巻を探すことにしようか。

やはり、海よりホテルのプールの方が

似合いそうな気がするけど、

この腰巻に白のタンクトップを着て

麻のニットを肩に掛け、夕陽の沈むのを見ながら

アペリティフも良いかも知れない。

Photo

2009年7月17日 (金)

ギャラリー ~デッサン3

何故こんなに早く描けるの?と聞かれる。

何故・・・

これは描く枚数による。

何事も数をこなしていかないと。

一杯描けば描くほど人が見えてくる。

これまでに何枚描いたことだろう。

何本鉛筆・消しゴムを使っただろう。

万は超えているだろう。

でも気に入って残っているのは、数枚。

Photo_21

Photo_22

Photo_23

Photo_24   

2_11

Photo_25 

01

Photo_26

Photo_27   

Photo_28

Photo_29

Photo_30   

08

2009年7月15日 (水)

待ち合わせにもスタイル Vol.3

彼女は車で来るのだろうか。車で来たら食事の時お酒が飲めない。

僕一人で飲んでいたらしらけないかなぁ。

いや、そんなことはない、きっと。

もう僕の心の中には食事の場所も決めてあるから。

夕食といえば、パリではテラスに席をとると、

ありとあらゆる物乞いや見世物や花売りがやって来て、

その度に散財する。

フランス人曰く、持てる者は

公共の場に出ると持たざる者のために消費しなければならない。

ある初夏の夕べ、

ライトアップされたノートルダム寺院を眺めつつ

テラスで食事をしていると、

テラスのシーズンが始まったばかりで芸人たちも一斉に出動開始。

入れ代わり立ち代わり現れるので、

テーブルを囲んでいた友人4人とも小銭入れが空っぽになってしまった。

ほとんどの客が食後のディジェスティフや葉巻も終えるころ、

アコーデオン弾きのおじさんが来たが、

「今夜はもう持ち合わせが無くて」と言うと、

残念そうに「出てくるのが遅かったぜ」と呟いていた。

色々な想い出とともに半分の時間が経過した。

タバコでも吸って間を持たせないと。

そして、全部ビールを飲んでしまって、

空に近いグラスが置かれていては、

彼女が待たせたかと思い心配するといけない。

飲まずに半分は残しておこう。

相手を待たせるのは辛いし、

相手に《待たせてしまった》と思わせない気遣いは難しいし、

JUST ON TIME って言うのもビジネスみたいで味気ないし。

3_2

【7月22日掲載のVol.4に続きます】

2009年7月14日 (火)

最後のサンキューレター

さてと、どの様に書いたらいいのでしょう。

今年の八月末をもって、テルースブランドを考え始めてから丁度三十年目で

テルースをお休みすることに致しました。

長い年月テルースをご利用頂きましてありがとうございました。

お店も八月末をもって閉めさせて頂きます。

修理等は原宿のお店等、過去の扱い店にお持ち下さい。

本当に長い年月、ありがとうございました。

ところでこのブログなのですが、約一年経過致しました。

多数の方に読んで頂き、また

コメントも頂きありがとうございました。

ブログに関してはまだ検討中です。

この様な事を書いて欲しい等、何か御意見がございましたら

是非コメントして下さい。

皆様の御意見を心よりお待ちしております。

どうもありがとうございました。

1

2

3_3

4

5 

6

2_01 

2_02

2_03

2_04

3_2_2

3_3_2

3_4

3_5 

3_6

2009年7月13日 (月)

エコ

今「エコ」「エコ」と言っているけど、

昔に戻れば良いのでしょう。

今日の様に物が溢れている時代ではないから、

ワイシャツ等も、襟・袖が擦れてほころんだら取り外し、

裏にして付け替えたりしていた。

もちろん家電なんてテレビがある家が少なかった。

冷蔵庫は上に大きな氷を入れ冷やす。

クーラーも無い。良ければ扇風機だった。暑い日は水撒き。

だから夜は開けっ放しで、蚊帳を吊るす。

蚊帳なんて何となく秘密基地の様で楽しかった。

もちろん冬は暖房も無い。火鉢にコタツ。

スーパーマーケットが出来て、袋に入れてくれる様になった。

スーパーが無い頃は

買い物カゴをぶら下げて買い物に行った。

八百屋なんかレジ等無くて、

中央にカゴがぶら下がり、それがレジ機能。

電話をすると

八百屋も、肉屋も、魚屋も届けてくれた。

ついで八百屋に肉屋での買い物も頼むと

買い物して届けてくれたっけ。

エコ・・・

何でも手に入る時代からさよならしないと生まれない。

Photo_6