人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30






« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

エコノミーとエコロジー Vol.3

お小遣い帳を付ける、とVol.1に書いたが、

僕は記録魔であることが最近分かった。

「人間管理帳」と言うのを付けている。

縦に1日から31日まで、

その日吸ったタバコの本数、朝計ったファットと体重、

朝・昼・晩で食べた物、ウエイトトレーニング記録、

特記事項、歯ブラシ等の交換記録、当日着た洋服、を記入する。

洋服は他に台帳があり、何回着たか「正」の字で記録する。

人間管理帳は、タバコの本数は一日14本未満を維持しているし、

体重・ファットは昨日食した物の反省。

もちろんウエストキープ等のトレーニング。

なにしろ二十歳より体型が変わっていない。

故、昔の物は未だにある。

体型はあまり関係ないが、一番古い物は

十七歳の時に買ってもらったJUNのタートルのセーター。

いつもシーズンにナフタリンのチェックを怠らないので、

虫も食っていない。

洋服の台帳は、クリーニングにそろそろ出すかどうかの目安である。

カシミアのジャケット等

毎シーズンごとクリーニングに出していたら駄目になってしまう。

ちゃんとカシミア用のブラシでブラッシングして

シーズン終わりにしまう。

この様な管理のお陰でクリーニング代が浮くわけである。

着る物に対する愛着から生まれて来る。

このブラッシングの時は、念入りに

素材の汚れはないか、もチェックするのだ。

ある時は虫眼鏡を使って。

靴は靴磨きの時に点検して修理に持っていく。

同様に人間、自分自身も常に点検しに病院に行く。

さてここで、修理人、病院の先生は

自分の年齢プラスマイナス五歳の人を選ぶ。

何故なら、せっかく慣れた人が

自分より先に死んでしまったら困るからである。

特に自転車は同じ年の名手だ。

この様に常に点検修理リフォームして楽しんでいる。

これもやはりエコノミーとエコロジーかも。

太ること、体型が変わることこそ

着られない物が生まれる。

これはやはり無駄が生まれるのではないだろうか。

3

 

◆ムッシュ アッシュ・テー 第5回個展のお知らせ

日時:6月1日(月)~7月5日(日) AM11:30~PM5:30 (PM5:00 オーダーストップ)

場所:トムスサンドウィッチ

http://www.tom-s.com/

定休日:6月17日(水)・6月18日(木)

ご注意:ランチタイムはお茶だけは駄目。ちゃんとサンドウィッチを食べてネ。

2009年6月26日 (金)

ギャラリー ~絵画3

人物水彩は得意な方ではない。

やはり自分としては

自然の中で描く風景が好きだ。

このシリーズは珍しく人物水彩メドレー。

ちょっとヘタかも知れないけど見て下さいネ。

1

2007年 ロベール!パーティーは終ったョ (透明水彩 788mm×545mm)

 

2

2007年 ナタリーのポーズ (透明水彩 788mm×545mm)

 

3

2006年 ローランの昼寝 (透明水彩 545mm×788mm)

 

4

2008年 本を読むミッシェル (透明水彩 788mm×545mm)

 

5

2008年 シルビー (透明水彩 788mm×545mm)

 

6

2008年 座るリリアン (透明水彩 760mm×560mm)

 

2009年6月24日 (水)

シャツワンピース

久々にストライプのシャツワンピースを着ている人を見た。

この様子は、昔テレビで「奥様は魔女」のサマンサが

部屋の掃除をする時

男物のシャツを羽織って作業していたのを思い出す。

もちろんシャツだけである。下はデニムも履いていない。

とても色気のある掃除服だと思う。

さて、この子も夏は暑い。

シャツのワンピースは涼しそうだ。

着るのも簡単、涼しくなれば

下にデニムを履けば、中にタートルを着れば、そして

ウエストにベルトを締めれば

秋に入って行ける。

昨年秋冬はワンピースにデニム、そして

ラムのブーツにデニムを入れれば、

今年春夏は段々ひらひらの短めのワンピースやスカートに

何か組み合わせる。

前者を「またぎ族」、後者を「くらげ族」と称したが、

今年も秋のファッション界から新しいモードが出るけど

僕は昨年と変化はあまり無い、と思う。

何しろこの組み合わせは楽なのだから

気楽で、動きやすくて

ちょっと甘みがあれば今年も越して行けそう。

Photo_2

2009年6月22日 (月)

エコノミーとエコロジー Vol.2

デニムは昔

履いて履いて履きぬいた物を

ボロボロになるまで履いて、

さらにリフォームして短パン等にして、

残った物をまた他のリメイクに使用した。

故ゴミが出ない。

今は、

誰かに加工され、加工代も加わり高くなった

ボロボロデニムを買う。何故か変な時代だ。

やはり修理して修理してこそ愛着と言う物が生まれる。

エコロジーを辞典で見ると、「生態学」。

生態系を中心に動植物と環境との関係を研究する。

公害による環境破壊との関連で

注目される様になった、とある。

エコノミーをするとエコロジーが生まれる。

Vol.1に書いた、車の運転の仕方を変えるだけで、

ガソリンの使用減となり、エコノミー、エコロジーが生まれる。

家にはエコバッグが山の様にある。

エコバッグがファッションとなり、どこでも配る。

それが溜まる。全くエコの逆。

やはり買い物は買い物カゴを持っていけばいいので

最近はエコバッグももらわない様にしている。

エコは、自分を分析して無駄の無い生活をすることこそ

エコに近くなるのではないだろうか。

そうすると誰もが流行的に左右されず

真のエコが生まれる。

まずは、洋服屋さんに靴屋さん、

バーゲンしてまで売れない物を作らないことですネ。

あァ足りなくて良かった。腹八分目かな。

僕は、テレビもラジオも使用しないので

電力にもエコノミー、エコロジーかな?

靴紐が切れたら、切れた方だけ替えて

一本をまた残しておく。

何か壊れても部品だけ取って置いて

また同様な物が壊れたら使用する。

よく車の修理で、「部品取り用の車」って取っておくではないですか。

この前、港北で

以前のミニクーパーの修理屋があり、

部品取り用のミニが数台あった。

やはり、物を大切に使うと言うことが

エコノミーでありエコロジーなのでしょう。

洋服もちゃんと手入れして

肘が破けたら革を丸く切って当てるとか

長く無駄なく大切に使用すること、

これがエコロジー、エコノミー。

2

 

◆ムッシュ アッシュ・テー 第5回個展のお知らせ

日時:6月1日(月)~7月5日(日) AM11:30~PM5:30 (PM5:00 オーダーストップ)

場所:トムスサンドウィッチ

http://www.tom-s.com/

定休日:6月17日(水)・6月18日(木)

ご注意:ランチタイムはお茶だけは駄目。ちゃんとサンドウィッチを食べてネ。

2009年6月19日 (金)

ギャラリー ~絵画2

前にも書いた様に、絵を描きに行く時

画用紙・絵具等の道具も大切な物だが、

トイレも重要なものの1つ。

必ずトイレを発見し、その廻りから活動が始まる。

水彩の水の入手も簡単。

ですから、最初の絵がトイレの絵です。

__5

2007/12/2 真鶴岬 原生林の中のトイレ  (透明水彩 788mm×545mm)

 

Photo

2008/2/3 部屋からの雪化粧 (透明水彩 545mm×788mm)

 

Photo_2

2007/7/30 ダンボールに描いたカサブランカ (透明水彩 788mm×545mm)

 

Photo_3

2007/3/17 雹(ひょう)の中のヨットハーバー (透明水彩 545mm×788mm)

 

Photo_4

2006/10/1 白山荘  (透明水彩 545mm×788mm)

 

Dayoff

2007/6/9 DAY OFF 山側  (透明水彩 545mm×788mm)

 

Photo_5

2008/4/14 隣の枝垂れ桜  (透明水彩 788mm×545mm)

 

Photo_6

2007/3/12 バルコニーからワインとバラ  (透明水彩 545mm×788mm)

2009年6月17日 (水)

映画の中にもスタイル Vol.3

この映画で素晴らしいのは音楽。

中でもピエールバルーが歌ってる「サンヴァ  サラヴァ 」が大好きで

この曲はサンヴァでありながら、

軽快なリズムにアレンジされフレンチテイストである。

僕は今でもCDを聞いている。

これ以外の曲も特に雨の夜に車で聞くのが良く似合う。

確か、ドーヴィルに迎えに行く時も全て、

長距離の車の場面は雨が降っている。

雨の中インストロメンタルの「オージュル デュイ セ トァ」が流れ、

男と女の想い出、現実、想像そして現実への反省のくり返し。

泣いたり叫んだり、感情をぶつけ合うシーンは無く、

白黒の場面があればカラーになったりしてね。

二人の愛のひと時も、

モノトーンの画面に心臓の鼓動だけが音楽のように流れ、

台詞も語られず、深く優美な大人の官能が表現されていると思う。

またその時のアヌクエーメが煙草(ジターンヌ)を

ジッポライターで付ける吸い方にしてもしかり。

髪をかき上げる姿は天下逸品。

この映画全体を流れるスタイルは、極めて上質で、

落ち着いたトーンでまとめられている。

この映画「男と女」はフランス映画好きの仲間達と話すと

止めどもなく語られる。

この文も先日その仲間達と話していて

ドーヴィルの話になった時にこの映画の話を書こうと思い立った。

だがその場で、僕があんなにフランスに住んでいて

何度も仕事で行き来していたにも拘わらず、

ドーヴィルに行ってない事に冷ややかな目で見られた。

聞くだけで、素晴らしい街、これは絶対に行かなくてはいけない。

行くからにはこの映画の様なシチュエーションがいい。

だがしかし、相手がいない・・・・・。

未だに映画の中のドーヴィルしか知らない僕であった。

3

2009年 無題 (透明水彩・パステル 400mm×296mm)

【Fin】

2009年6月15日 (月)

エコノミーとエコロジー Vol.1

両方の単語を略すとエコ!

エコノミーは面白い。

辞典で調べると、「経済的・費用節約的」と書いてある。

僕はここ数年、お小遣い帳を付けている。

要は自分が使った毎日のお金を記録するわけだ。

発見したことは、毎週行っている食堂へ行かない様にしたり、

朝買っているコーヒーを無しにしたり、

無駄な物を買わない様にした。

値が張るものは洋服代。極力古着屋とかリフォームで楽しむ。

このリフォームは、着られなくなった物が着られるのだから

とても良いし楽しい。

靴はもちろん修理。

バッグも、それぞれ修理部分の素材を変えたりして楽しんでいる。

夜、食堂に行く時は、前もって家で飲んで行く。

そうすると、そこで飲む量が減り、エコノミーである。

まるで、子供を鮨屋に連れて行く前に

ハンバーガーを食べさせるのに似ている。

それにガソリンも使用減になった。

つまり車の運転も変えた。

急発進、加速もおとなしく、

高速道路でもスピードを控える。

そうすると数年前3回もやったスピード違反に捕まらなくなる。

もちろん鮫洲の免許研修にも行かずに済む。

単にお小遣い帳を付けることで、

節約すると心掛けた数ヵ月後

ガソリン代が上がり、今の経済不振が起こった。

まるで予想したかの如く。

この様なことをしていると、何故かエコロジーかな、と思う。

1

 

◆ムッシュ アッシュ・テー 第5回個展のお知らせ

日時:6月1日(月)~7月5日(日) AM11:30~PM5:30 (PM5:00 オーダーストップ)

場所:トムスサンドウィッチ

http://www.tom-s.com/

定休日:6月17日(水)・6月18日(木)

ご注意:ランチタイムはお茶だけは駄目。ちゃんとサンドウィッチを食べてネ

2009年6月12日 (金)

ギャラリー ~絵画1

子供の頃から絵を描くのが好きだった。

もうデッサンスケッチは何枚になり

水彩画は何枚だろう。

デッサンは十分以内に描いてしまう。

水彩画も四六判半切(545mm×788mm)を

一時間半くらいで描いてしまう。

はけとか太い筆を使うので、

アッと言う間に空は塗れてしまう。

大昔は鉛筆で下書きしていたが、それだと

その下書きの枠から出ることが出来ない。

やはり絵は大胆に自由に、

筆のタッチを楽しみながら描くのが好きだ。

どうぞご覧下さい。このブログで使用した絵を。

Vol008_1

2008/5/2 大原漁港 オレンジの漁船 (透明水彩 545mm×788mm)

 

Vol008_2

2008/6/14 金田漁港 二艘の漁船(透明水彩 545mm×788mm)

 

Vol001_2

2006年 アラモアナヨットハーバー(透明水彩 545mm×788mm)

 

Vol001_1

2007/9/24 朝顔(透明水彩 788mm×545mm)

 

_

2007/7/19 滝 (透明水彩 788mm×545mm)

 

__2

2007/12/3 旅館の窓より真鶴岬  (透明水彩 545mm×788mm)

 

__3

2007年3月 宮古島 ホテルの窓から珊瑚礁とヨットとプール (透明水彩 788mm×545mm)

 

__4

2008/5/2 大原漁港 漁船と魚市場  (透明水彩 545mm×788mm)

2009年6月10日 (水)

映画の中にもスタイル Vol.2

ある日、彼女がパリに帰る終電が無くなり、帰るに困っている時、

彼が車でパリまで送る所からスタートする。

女優が確か、ウンガロのミューズでもあった、アヌク・エ―メ。

彼女の着ているコートがラムのコート、そしてシャネルのバッグに

ある時はヒールの低いパンプス、ある時はミドル丈のブーツ。

平凡な装いなんだけど、彼女なりのシックなスタイルを感じさせられる。

また、この映画は車好きの彼がいたら是非とも一緒にヴィデオを見たら?

そのころのパイロット、グレハムヒルの名前が出る

ルマンのGTカーレース、そして、フォードムスタングが出る

モンテカルロラリー等、

ルルーシュが助手席に便乗して撮影した映像は一見に値する。

その二人は週末に子供に会いに行くたび、心が少しずつ動いていく訳。

そして、彼が、モンテカルロラリーに出場し完走した時に、

今なら携帯電話といくのだろうが、あのころは電報を打つ訳。

電話だって交換台を通してた。

最初は通常の祝電だったんだけど、訂正し

「bravo! Je vous aime」

ここがJe t'aimeでない所がいじらしい。

成熟した大人の愛情表現だからそうなのか、

互いに立場を尊重する微妙な距離感でもあり、

奥ゆかしくエレガントでもある。

電報を受け取った彼は、モンテカルロからパリを経由し

ドーヴィルまで出場したムスタングのレースカーを飛ばして行く。

海辺で彼女と二人の子供を見つけ、パッシングライト。

子供を寄宿舎に送り、ホテルのレストランで二人だけの食事の時。

これとこれ、そしてメインにステーキをオーダーし

「他に御注文はありませんでしょうか?」と

注文欲しげにメートルドテール(この場合ギャルソンかなぁ)が聞く。

そこで、男が「注文?」に対して

「vous avez des chambres?」(部屋はあります?)と言う。

何とフランス映画だねぇ。

大人だから様になっているし、女だって動じたりしない。

僕は、この場面を見る為に何度もヴィデオを借りて見ている。

2

【6月17日掲載のVol.3に続きます】

2009年6月 8日 (月)

梅雨

雨は嫌いだ。

いや、大嫌いと言っても過言ではない。

まず濡れるから、そして革底の靴が履けないから。

しかし何故か傘は好きで、いっぱい持っている。

それも全て年代物。

時々天気の良い時、広げて干している。

骨組みがフォックスで、ヴュトンの布貼りの物や

フォックスの黒、茶、紺ナイロン。

それにブリッグの傘等々。

でもいつも使用するのは、大き目の日本製の傘。

ボタンを押すと、自動で開く。

これは便利だ。

長靴もあるなァ・・・。しかしあまり使用しない。

1

街の雨上がり、綺麗なスカイブルーのフード付きコートに

鮮やかなイエローのスカート。

曇り空が明るくなりそうだ。

おや、帽子に袖なしのレインコートを着た男の子。

のんびり傘を杖代わりにしている。

雨の日はやはり明るい色を着るのがベストかも。

気持ちまで明るくなる。

2

 

◆ムッシュ アッシュ・テー 第5回個展のお知らせ

日時:6月1日(月)~7月5日(日) AM11:30~PM5:30 (PM5:00 オーダーストップ)

場所:トムスサンドウィッチ

http://www.tom-s.com/

定休日:6月17日(水)・6月18日(木)

ご注意:ランチタイムはお茶だけは駄目。ちゃんとサンドウィッチを食べてネ。