人生を楽しめる男と女の
ファッションブログ
「ムッシュ・アッシュ・テルース」
のブログです

スマートフォンからも
ご覧いただけるようになりました!
この欄下部のQRコードから
アクセスをお願い致します

notice

cafe de diana galarie
カフェ・ド・ディアナ・ギャラリー
香り立つコーヒーと様々なアーティストの絵画がある空間

カフェ・ド・ディアナ・ギャラリーのご案内

■連載記事掲載中■

【連載】思い掛けない出会い

【連載】細い男の子

【連載】綺麗なポーズ

【連載】「プレゼント」

【連載】LIDO

mobile

スマートフォン版ブログ
スマートフォンからも、スマートフォン用のレイアウトにてブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
スマホ版ブログはこちらから


mobile

モバイル版ブログ
携帯電話からもブログをご覧頂けます。QRコードを読み込んでご利用下さい。
http://tellus-gi.jp
携帯版ブログはこちらから

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    






« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

新着情報

【ご連絡】

本記事中の商品の取り扱いは全て終了致しました。

ご了承頂きますようお願い致します。

-------------------------------------------------------------------------

もうすぐ2月、、、外はまだ寒いですが、そろそろ春物が気になりますね。

今回はイタリアから到着したばかりのカジュアルな春ブーツのご紹介です。

本格的な春を迎える前に足元を軽いカラーのブーツにスイッチするだけでも、

コーディネートが新しい印象になりますよ。

オイルを含ませたアンチック感のあるベロア素材なので、足元でたるませてルーズなシルエットを楽しむのも良し。

デニムやパンツをinするのも可愛いブーツです。

Photo

上段 フリンジ付きブーツ ¥27,300 (税込み金額)

下段 ロングブーツ     ¥23,100 (税込み金額)

タイムマシンにお願い Vol.03 【Collection:88 Spring Summer】

テルースのテーマの中に

旅・冒険は付き物。

アマゾンのテーマでは、マットパイソンを使用。

カモフラージュでは迷彩柄をパッチワーク。

そして旅のバッグ。

次のページはテルース。可愛い、楽しい、ペタンコ靴達。

Tel88ss01

Tel88ss02

Tel88ss03

Tel88ss04 

Tel88ss05

Tel88ss06 

Tel88ss07

◆次回「タイムマシンにお願い Vol.04」は2月13日公開予定です。

2009年1月28日 (水)

スウェット

スウェットで調べると「スエットを見ろ」、と辞典は言う。

スエットで見ると「汗」ときた。

その下を見ると、スエットウェアー。

スエット素材で綿ジャージー等で作られた衣服、となる。

スエットシャツは「トレーナーを見ろ」と書かれ、

スエットファッションで見ると

「ジャージーなどのスエット素材で作られたファッション衣料で、

広くは汗をかく為のスポーツウェアー」とくる。

ようするに、スポーツ選手が汗を取る為のウェアーであり、

体を冷やさない為の一種のトレーナーである。

何を言いたいかというと、僕は

運動用のヤッケとかジャージーはあるが

家で着るスウェットは持っていないからである。

Tシャツが、下着から表で着るファッションとして

市民権を持って、40年が経つ様な気がする。

いつの間にか運動着が部屋着・町着に変化して来た。

確かに楽な様だ。

だがお洒落をする者なら徹してもらいたい。

旅でホテルに着く。スウェットに着替える。

そこまでは良いが、それを着て食事、そして散歩。

室に戻りごろごろ、そしていつの間にか寝巻きとなる。

ファッションは楽にあらず、ウエストゴムは楽だ。

しかし、その場所場所に合ったファッションを楽しんでもらいたい。

楽(らく)と楽しむ(たのしむ)は同じ漢字だが、

今一つ腑に落ちない。

僕はこの人々を「パジャマ族」と呼ぶことにした。

Photo_2

2009年1月26日 (月)

ロールアップ

春はちょっとくるぶしが見える短めのパンツ。

絶対必要なのは

短めか、ロールアップするパンツだから

靴下と靴が重要アイテム。

ただ普通の店で売っている様な靴ではなく、

男物の様な靴か、登山用の靴が可愛い。

珍しいおかっぱ頭の女の子。

ちょっとまだ寒いから、ピンクのショールをして

男物の大きめの洗いざらしのシャツに、

軍の古着パンツをロールアップ。

やはり靴下の水玉がお洒落。

その女の子っぽい水玉に登山靴の様な重そうな靴。

Photo

七十年代の始まりの頃、

ロンドンのアンティークマーケットに

英国ツイードの男物の古着に

やはり軍物のカーキパンツを長いからロールアップし、

ソックスも上だけ折って、

アンティークのプレーンハイヒールパンプスを履いた

金髪のお店番がいたっけ。

あの当時、そのお洒落度にショックを受けたなァ・・・。

いつも古い椅子に座り、根元まで煙草を吸っていた。

灰皿に残ったフィルターの紅の跡が印象的だった。

2

2009年1月23日 (金)

靴の磨き方 極秘版

前には普通の靴の磨き方を書いたけど、

今回は極秘オシャレ編。

Photo_9

イラストの足を組む男が居る。

右足の靴底が見えるでしょ?

そうです。靴は歩いて擦り減る所からヒールにかけての

「踏まず上がり」の部分をピカピカに磨くのです。

まずこの様に脚を組む時に靴底が見える。

お洒落な人は底を磨く。

もちろんアッパーの部分が綺麗なのは当たり前。

きっと僕は明日から街を歩いている時、

踏まず上がりの綺麗な人をチェックしよう。

ピカピカの人を見つけたら、

僕のブログを見てるんだと思うことにしよう。

2009年1月21日 (水)

パレット

僕は、パレットは洗わない主義。

描いて行くうちに絵の具が混ざり合い

とても良い塩梅の色となる。

あまり恥ずかしいので人には見せられないけど、

誰かが撮ってくれた写真があるからブログに載せるネ。

色の並べ方は

赤系から黄色系、そして茶系で

そのすぐ下に緑。

緑の横が青系の色である。

山に居る時は緑が多くなり

紅葉時は赤黄茶が綺麗。

まるでパレットが風景の様だ。

海はもちろんブルーが幅を利かす。

前回館山に行って絵を描いていた時、

風がとても強い日だった。

イーゼルを立て画板を貼り、パレットをイーゼルに固定し

絵のピッチも早めに着色していた時、

強い風が吹いてイーゼルごと砂に投げ出され

パレットが砂だらけ。

やむなく洗わざるを得なかった。

これがこのパレット初めての掃除。

記念すべき日であった。

いつもはアンカーを付けて風の日は固定するのに

忘れてしまった。

いつもは万全なのに・・・。

「しまった しまった。」

Photo

2009年1月19日 (月)

見物の為の相棒

美術会に行く時は、常にこの相棒を連れて行く。

1_4

一見杖に見えるが、自分の好きな絵の前で

上の部分を広げると椅子となる。

2_4

だからいつまでも好きな絵の前に居られる。

また、この便利な相棒は、杖の先のゴムを取ると

尖った部分が出て来て、中央にある丸盤を取り、

尖った部分にねじ込むと、

地面が土の時にグサリと刺さり、座っても沈まない様になるのだ。

3_3

4_3   

僕は、外で絵を描く時も立って描くので、

ちょっと休憩の時に便利している。

ちょっと僕の相棒の紹介。

5_3

※このブログに登場する人物は、僕ではありませんので

 誤解の無いように・・・。

2009年1月16日 (金)

タイムマシンにお願い Vol.02 【Collection:85/86 Autumn Winter】

これは85年秋冬のカタログ。

テルースは常にアート性のあることを意識したカタログ。

全て楽器と靴を組み合わせにした写真です。

美しさを楽しんで下さい。

Tel85_86aw01

Tel85_86aw02

Tel85_86aw03

Tel85_86aw04

Tel85_86aw05

Tel85_86aw06

Tel85_86aw07

Tel85_86aw08

Tel85_86aw09

Tel85_86aw10

◆次回「タイムマシンにお願い Vol.03」は1月30日公開予定です。

2009年1月14日 (水)

ブログ

ブログを書き始めて半年が経つ。

相変わらず、原稿用紙、鉛筆、国語辞典の世界に居る。

ついに、PCには戻らなかった。

ふと感じるけど、この四百字原稿用紙に触れる手の感触と

辞典の薄い紙をめくる指の感触は違いがあり、

また、鉛筆の木の堅さ、机の上の皮の肌触り、

そして消しゴムの何とも言えない柔らか堅さ、

出来上がった原稿を修正する為の、懐かしい赤鉛筆。

原稿を書く鉛筆は六角に対し、赤鉛筆は丸。

原稿に朱色の文字が入ると、

鉛筆のグレー色と赤のコントラストがすごく綺麗で、

思わずいっぱい間違えてしまいそう。

忘れていませんか? この感触。

辞典を引くと僕のは絵付きなので、

ちょっと違うところを読んでしまう。

学校帰りの道草の様な感じ。

好きだな。この時間の流れと、道具と触れ合う時間。

もう一度戻りません? この世界。

何でもPCで出来てしまうのと、ちょっと違う。

Photo_3

2009年1月12日 (月)

スプリングコート2

2_2

ややッ!

トレンチコートのショート、ショート、ショート。

やけに短い!!

その短いトレンチに同色のタイトスカートを

ウエストベルトでキュッと締める。

それにスカーフを結び、フリンジ付きのスウェードのロングブーツ。

帽子もアニマル柄で可愛い。

厚い本を持って・・・。

きっとアフリカサファリの遺跡でも調べるのかなァ。

あっ、今年もサファリか・・・。でもお洒落だ。

前回はカラフルなスプリングコートも欲しかったけど、

このミニ丈のトレンチも良いなァ。

欲しい物が増えてきた。

このコートにツータックの白のバギーも良いかも。

何を今年は買おうかな。